ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。最近は難病(ファブリ―病、大腿骨骨頭壊死)の夫との近況についてがほとんどです。

立春を迎えて 2022.2.4

2月ですね~。

今日は立春旧正月の暦では、今日が元日になるそうです。
あけましておめでとうございます。

旧暦の方が、季節的にも初春って感じがしますね。
正月のやり直しができる感じもして、個人的には2回あるのは嫌いじゃありません。
師走は慌ただしすぎるから笑

「もう1月終わっちゃった、早いね」なんて言う声も聞きますが、
1月があっという間に過ぎたかというと私はそうではなくて、
逆にとても長い1月という感じで過ごしていました。
なんでだろう?

考えられるのは、
自分の中でいろんなことが再構築されていくような感じを
居心地の悪さのように感じていたからかもしれません。
毎日がなぜか落ち着かない日々だったから。

その日々はなんやかやといろいろあり、
頭も心も忙しかったのですが、そんな中でも時計をみると
「まだこんだけしか時間が過ぎてない💦」って感じることが妙に多くて、
いつもと時間の過ぎ方が違うような気がしていました。

誕生日前後のこの季節は、わりと不安定なことが多いというのが、
私の記憶にあるので、
この年になっても、
生まれる前後の不安定さを体が覚えているのかもしれないなとも、
なんとなく思ったりしています。

【一日1BTS】91 RUN

「一日1BTS」は、新参ARMYの私が一日に1曲、BTSの楽曲や動画を見ていこうというもの。もっと簡単に言うと「一曲縛りでBTSの楽曲・動画をみていくよ」という企画です。
 この企画の意図は、「BTSをもっと知りたいんだけど、やみくもに聞いてても偏りそうだから、一日1曲で検索してMVやらブログやらみていけば、その曲に対してある程度の知識はえれるよね」というもの。
新参ものなのでまだまだ深いところまでは掘れません。だから、まず大回りでもいいので一周~を目指します。彼らの8年分を、私はいつになったら一周できるのかはわかりませんけども。
※ちなみに、毎回一曲というのも、完璧な縛りではありません。

前回から、花様年華pt.2にはいりました。いよいよこの曲「RUN」です。

花様年華にはストーリーがあります。
以前調べて書いた、花様年華のストーリーの背景と関連MV4本について↓

miww55.hatenablog.com

BTS (방탄소년단) 'RUN' Official MV

公式のMV。

www.youtube.com

4本の流れから行くと3本目がこのRUNになるのですが、
まだまだ謎が多いですね。公式が出しているNoteにはあらかた書いてあるのだろうと思うのですが、今となっては入手がむずかしく、もやもやしています。
Lineマンガにある「花様年華」(全14話)を毎日1話ずつ読んでいますが、
読み終えたら謎が解けるとは今のところ到底思えません(現在9話)。

とはいえ、背景とマンガで読んだ状況が頭に入ってからこのMVをみると、
当初よりは理解が進みます。
当初「????????」が「????」くらいになったという感じですが笑

で、先人というのはどの世界にもいるようで、
この花様年華に超詳しい方のブログがあります。

note.com


これ読めばいいじゃん、と思うかもしれません。
そう思う気持ちと楽しみに少しずつ解き明かしていきたい気持ちとが自分の中にあって、
どの扉をどう開いていけば楽しめるのかなぁとおっかなびっくりな感じ。

これって人によるんだと思うのですが。
私の場合は、アルバムを順に聞く中で、そのMVをみていきながら、
徐々にこのnote記事も読んでいっています。
個人的には、若干まどろっこしいのですが💦
それぞれの楽しみ方で楽しむといいと思います。
ただ、このストーリーって、どうにもハッピーエンドじゃなさそうなのが
ちょっと心を重くします。。。

今日はRUN。
公式からいっぱいMVが出てるんですよね。
2015年、このあたりから本腰入れてきた感じなのでしょうか。

BTS (방탄소년단) 'RUN' Official Teaser

「RUN(Official MV)」公式 ティザー 広告です。
メロディーに合わせてアップで一人ずつ場し、それぞれ違う場所で疾走し激しいエネルギーを発散しています。
ただ走る、ひたすら走る、走り続ける…
漠然とした現実の中で、走ることしかできない青春を表現。
儚い悲しそうな表情の彼らの姿は、危なげな青春の現実を浮き上がらせています。
(引用)

https://bts.promo/kayounenka-pt-2/bts-run-3/

 

www.youtube.com


■[BANGTAN BOMB] 'RUN' christmas ver.(2015)

「RUN christmas ver.」 公式 MV ミュージックビデオです。
一人ずつカメラを一台持ち自身を撮影。
みんなノリノリで、あざとカッコいいところも可愛い。
自分のカメラ以外には無反応なところがおもしろく、RMだけ「RUN(Official MV)」の様に走り続けるのがRMらしい(一瞬JIMINも 笑)。

(引用)

https://bts.promo/kayounenka-pt-2/bts-run-3/

 

www.youtube.com

■[2015MAMAxMPD] BTS(방탄소년단) - RUN in HOTEL 151208
2015年にMAMAで香港を訪れた際に泊まったホテルで、メンバーたちがRUNを歌いながら撮影。MV風です。ひたすらかわいいw

www.youtube.com

■【日本語字幕】BTS-Run-making video
RUNのMVメイキング。公式に日本語字幕がついたものです。
よくよく考えると彼ら俳優じゃないんですよね。でもさすが表現者。演技になってます。
メイキングって、答え合わせみたいなところとプラスして発見があるので好きです。

www.youtube.com

■[日本語字幕]防弾少年団が説明してくれる'RUN'MV
出来上がったMV鑑賞会。
これもコンテンツとしてすごくいい。

www.youtube.com

■[CHOREOGRAPHY] BTS (방탄소년단) 'RUN' Dance practice
みんな大好きダンスプラクティス。
この回は、MAMAの振り付け。

振付けはBTSの振付師であるパフォーマンスディレクターのソン・ソンドゥク氏(「2018年 MAMA(Mnet Asian Music Awards)(エムネットアジアンミュージックアワード)」ベスト振付師賞受賞「IDOL」)によるものです。
ソン・ソンドゥク氏によりますと、振付けを考えた時、美しいが悲しくて、不安な感じで、タイトルが「RUN」なので泣きながら走る感じの振り付けがたくさん出てきたそうです。
走る動作だけでは単純であるため、悲しい感じを持ちながらもパワフルでセクシーな感じも逃さないようにされました。
一番重要な振付けはエンディングは蝶を意味する振付けで、JINのパートで蝶を捕まえて逃がすアクションを見てほしいと言われています。
「蝶ダンス」と表現される鮮やかにセクシーに舞う蝶をイメージした振付け、特にドキッとするのは羽ばたくように鮮やかなジャケットプレイ。
肩をはだけさせて背中越しにカメラを睨みつける眼差しがとてもセクシーですよね。

(引用)

https://bts.promo/kayounenka-pt-2/bts-run-3/

 

www.youtube.com

BTS (防弾少年団) 'RUN -Japanese Ver.-' Official MV
日本語ver.で締めましょう。
振りは、先ほどのダンスプラクティスのものと同じ部分が多いですね。
ポイントはやはりソクジンが蝶をにがし、
皆も同じ方向を向くところと、ラストのバタフライ模様でしょうか。

メイキング(5個目のMV)でジョングクが「この曲は幸福の後に悲しみがあるんです」と言っていましたが、その悲しみにも、何か意味があると思いたい。飛んで行ったバタフライに意味があると思いたいと思いながら見てしまいます。

www.youtube.com

「青春を表現している」と一言でいうと「若いうちの葛藤は必要」って思う気持ちもなくはないですが、いわゆる青春ものじゃないこのテーマの重さ。
MVからは特に妙なリアルさを感じさせられて、
ドキッとするどころか気分が沈みそうになる場合があります。
心身不安定な方はお気を付けください。
と、今書いてもどうしようもないけども。
久しぶりに書いたら、また長くなりました。
ほぼBTS,RUNの情報が多いからですね。
私のBTSまとめ集。自己整理のためなのでやむなし。
こんな感じで私の2022立春はスタートです。
今年もよろしくお願いいたします。