ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

Hold Me Tight 2022.1.14

今日も寒かったですね。家からほぼ出ていませんが💦
今日は久しぶりに予定のない日だったので、
朝起きはしたのですが、布団から出る気がしなくて布団の中でうとうとを繰り返していました。

鼻が通っていないので、口呼吸になっているのがわかります。
身体の回復に必要な酸素が薄いので、体が長く寝ることを求めているようにも思えます。今の私にはそうすることが、体力を保つにはベストなので、
身体の声を聞きながら、休める時には休もうと思っています。

こうして予定のない日は長寝をしてしまうのは、
逆にいうと、毎日緊張して寝ているのかもしれません。
朝頑張って起きてますから。

実は今日は、一つ受講したいセミナーがあったんです。
金曜の予定が来週だと気づき、
「あ、受講できるな」と思って申し込もうかと思っていたのですが、
今日の体調をみて、考えました。

本当にそれは心からやりたいことなのか?

興味があることではあるのは間違いないのです。
初回のコースを受けて面白かったし、もう少し知りたいとも思いました。
でも、それは今日じゃなくてもいい。
もちろん講座は今日しかないんです。
だけど、今日優先すべきは私自身が今やりたいことだ、
そう考えて、そちらを優先させたのでした。

どっちでもいいのかもしれません。
長い人生の中でどっちを選択してもそんな大差はないことです、多分。
ただ自分のどこでそれを決めていくのかは重要なところかもしれません。

心なのか身体なのか頭なのか直感なのか・・・
その時々でも変わるのでしょうが、
今は、鼻から深呼吸を何度かして、
心が落ち着いたときにこうしようと思う方に決めています。
LOVEMYSELFをいつも胸に。これはアミになる前から思ってはいましたが、
バンタンを知ってから、常に言葉としても胸に持とうと意識しているところです。

=====

【一日1BTS】84 Hold Me Tight(強く抱きしめて)

花様年華pt.1」「花様年華foreveryoung」収録曲です。
Hold Me Tightというタイトルは、わりとありがちなので
タイトルだけで見るとそう目立つものでもないので見逃していました。
この曲、目立たないけどいい曲なんです。
共鳴しすぎると落ちてしまいます。。。
このメロディラインは落ちるよ。
目の前で歌われたら私は卒倒してしまうかもしれません。。距離が必要だわ。

このアルバムから、RMがプロデュースに入るようになったとありました。
この楽曲は、作詞作曲にRMをはじめラップラインと今回Vのクレジットが入っています。

■잡아줘 (Hold Me Tight)

www.youtube.com
イントロからジャージーでなぜか切ない感満載、耳を奪われます。

グクのメロディアスな声での入りはいいですね。安定しているのに聞かせてくれます。
そしてドラムの入りの音がたまりません。ほんとこの曲のイントロは素晴らしい。

サビのジミンの「Trust me」も叫びのようで、またも聞き入ってしまいます。
BTS ' Hold me tight ' Live

ライブで聞くとまた新しい発見が。
最初の方、ナムさんの後、グクちゃんのパートと思いきや少しのフレーズだけユンギさんもメロディラインを歌うんです。
音源はいろいろかぶせてあることが多いから、よっぽどダブルボーカルのところじゃないと聞き分けしにくいんです。
よく聞くとその箇所確かにユンギさんも歌ってるんですが、短すぎて気づけなかった💦

中盤のホソクさんのラップのところもユンギさんが「try,try,try」のフレーズを。

そしてこのあたりのバック画面には、「花様年華」MVの中でも結構衝撃的な、海の中の鉄塔のシーンが映し出されます。。

www.youtube.com

花様年華のストーリーの前に、この曲の日本語和訳を。

BTS【잡아줘 -Hold me tight-】JPSUB 立体音響

「君は僕を信頼できる?」と連呼しています。
この後「そろそろ僕を信じてくれ」「抱きしめてくれ」と懇願になっていきます。
君が居なきゃ息もできない、それは恋と言えばそうかもしれませんが、
花様年華のMVを見た後にこの歌詞を読むと、
「君」にしか救いを見いだせない辛さが重く感じられてしまうのは私だけでしょうか。

www.youtube.com


花様年華のMVは4つ。簡単な解説と見る順番、MVも紹介されています。

ameblo.jp

昨日リンクしたブログによる情報も再掲しておきます。
※以下はフィクションです。

実は7人はそれぞれ辛い現状を抱えています。

ナムジュンは家が貧しくお金が無いので中学生ながらにしてアルバイトの日々。そして貧しさから学校を退学し、引っ越してしまいます。ガソスタで、客からナムジュンが貧しいことをいい事にお代のお札を床に捨てられ「ほら、貧乏人は取れよ」的な事を言われナムジュン我慢の限界で暴力を振り、示談するお金もないので拘置所行き。

ユンギは幼い頃に火事で母を亡くしています。
それからはピアノ・音楽を自分の拠り所としていましたが、ある日焼身自殺を図ります。

ホソクは幼い頃に遊園地で母に捨てられています。また、ナルコレプシーという時間場所に関わらず突然眠りに落ちてしまうという病気も抱えており、道端でも倒れてしまうため頭をぶつけて入院、なども何回か。

ジミンは幼い頃遠足で行ったプルコッ樹木園であるもの(明かされてない)を見た事がきっかけで突然発作に襲われてしまい、親に精神病院へ入れられてしまいます。(親からも特に愛情というものを注がれていません。樹木園の遠足も本当は親子遠足だったのですがジミンの親は来ませんでした)そしてある日入水自殺を図ります。

ジョングクは子供の頃に、父親によって母と共に捨てられています。そして全てが嫌になりふらつきながら歩いていたら不良にぶつかってしまい、そのまま殴られ蹴られで喧嘩の毎日に。

テヒョンは父親からの暴力を母・姉と共に受けています。それが原因で母はテヒョンが子供の頃に家を出ていきます。現在は姉と一緒に父親からの暴力に耐える日々です。ですがある日、姉が父親から暴力を振るわれているのをみて衝動で父親を殺してしまいます。

そしてソクジンは、父親からの圧力があります。【いい子にならなければならない】
7人は元々いつも一緒にいたのですが、7人の仲が壊れたのはこれがきっかけと言っても過言ではありません。

7人は同じ学校に通う中学から高校までの学生です。

高校2年生:ソクジン ユンギ
高校1年生:ホソク ナムジュン
中学3年生:ジミン テヒョン
中学1年生:ジョングク

彼らはある日、学校に遅刻をした事で先生に怒られ同じ部屋に少し留まれさせられます。

それがきっかけで7人は授業中でもよくその部屋に集まるようになり、7人で学校生活を楽しく過ごしていくことになります。

先程書いたように彼らはそれぞれ辛い過去や今がありますが、7人でいる時は全員が辛いことを忘れることができ、笑顔でいることが出来ました。

全員で海に行ったり、部屋にピアノがあったことからユンギのピアノに合わせて皆で歌ったり踊ったり…本当に、花様年華_人生の中で最も素晴らしい瞬間をすごしていました。

しかしそれも長くは続きませんでした__

ストーリー順にMVを置いていきます。
■[MV] BTS(방탄소년단) _ I NEED U (Original ver.)

www.youtube.com
BTS (방탄소년단) 화양연화 on stage : prologue

www.youtube.com

■[MV] BTS(방탄소년단) _ Run

www.youtube.com
■[MV] BTS(방탄소년단) _ EPILOGUE : Young Forever

www.youtube.com


考察ブログを見にいかねば。。。