ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。最近は難病(ファブリ―病、大腿骨骨頭壊死)の夫との近況についてがほとんどです。

自分の思いが流れる方に 2022.11.19

福岡は15日から「せいもん払い」。
商店街の年1セールです。

”陰暦 10月 20日の戎講 (えびすこう) の日に,京都の商人や遊女が四条京極の官 (冠) 者殿に参詣し,商売上の駆引きで客を欺いた罪を払い神罰を免れるように祈った行事。江戸時代以来の風習で,この日,京都,大坂の商店が安売りを行なったところから,のちには商店の売出し行事となり,京坂だけでなく全国に広がった。現在では日数も1週間程度に延長されており,時期も地方によりまちまちである。”
*1

戎講の日に合わせてというのは知らなかった。
現在博多では、15日あたりから5日間程度、各商店街で催されています。

現在のサービス業店舗では、頻繁にセールが行われていますが、
40、50年前は歳末や初売りという特別な時にしか
セール(売り出し)ってなかったんですよね。
私も古い人間なので、この手の昔からある売り出しの方に
ノスタルジーを感じてしまいます。

実際、小さい頃にみた川端商店街のせいもんばらいの人出の光景は、
今でも忘れることができません。
結構広めのアーケード街に人がぎゅうぎゅうで、中を歩くのも大変。
そして、そのはず日常に売られている商品がかなり安い。
父がそこで大物家電を買ってきて、母に怒られてました笑
安いと言いつつ、計画にないものを買えば家計的には大出費ですもんね。

さて、今年の私は、新天町さんへ。
愛用している時計のベルトがもうそろそろ、、って感じになってたんで、
秋口に物色に行ってたのでした。
ここ10年位は、時計の御用達は老舗のハヤブサさんに行くことが多いんです。
間違いないから。

で、秋口に行き、ベルトをみていたところ、
店員さんが「お急ぎですか?」って言われるんですよね。
「いえ、そんなに急いでいるわけではありませんが」というと、
「せいもん払いの時期にこられませんか?まだはっきりしないけど、
2割引きか3割引きかになりますよ」
と言われるのです。
なんとも商売っ気のない笑

その言葉に釣られて、ならばとせいもんばらいの時期に行ってきました。
ある程度目をつけていたベルト、正価はそこそこお高かったけど、3割引きで無事購入できました😊

ついでと言っては何ですが、他のお店も見て回ります。
わりかし高齢者向けのお店が多いので、
義母用のはおりものがないかなって見てたんですけど、、、残念でした。
お目当ての商品がないからダメとか、そういうことを言ってるわけではありません。
私がいったのが平日だったということもあるんだと思いますが、
せいもんばらいなのに、こんなに人が少ない(というかいつもと変わらん)。
なんだか寂しいなというのが正直なところ。
なかなか難しいんだろうなと思います。
今日は最終日。にぎわって、お店も「せいもん払い」あってよかったねとなってるといいけどなぁ。
CMも打って飾りつけもしてあるけど、(そして新聞にも広告出てるけど)
その効果がまるでない気がして。平日の午後の一部の時間しかみてないので、
私が行った時がたまたまだったらいいなとは思います。

全然関係者でもないのに、思いを馳せてしまいました。

===
秋口。イベントも多い時期です。気候もいいし、
お出かけしたくなる気分になる時も、
逆に疲れてしまって行こうと思っていたものを止める時も。

体調にあわせて、直感に即して行動をする時、
それが動く方であれば、そうも感じないのですが、
こうしようかなという予定を止める場合、
ほっとするし、空いた時間をほっとした時間に変えられるという安堵が広がる。
それが一番の効用というか、のぞみである気がします。

基本的に、おうちにいることが嫌いじゃありません。
子どもの頃は、「出ずっぱり」とか言われていた私ですが、
今やおうち好きになってます。

でも心地のいい時間ばかりすごしてると、
外に行くと、余計に疲れる感じを受けることも。
心にはいいけど、体にはよくない。
歩けばそれだけ運動になります。

ヨガをはじめて6年以上が経ったようです。
週1なので、そんなに大した変化はありません。
「そもそもよくしようと思ったら週2以上、週1なら現状維持」という言葉は聞いていたんですが、まあその通りですね。
週2以上の時間をとるのって難しい。

それでも週1(途中で一旦お休みした月もありますが)
と決まっていると、頑張ってその日に行こうとするし、
その1時間はからだを動かせているわけです。
家にいると、これはなかなかできない。
できる人もいるかもしれないけど、私は無理かな。
時間を決めてやるということは結構大変。

先日のレッスン日に、「もう何年になるかなぁ」って話が出てて、
意外と私は古株になっているんだなぁと気づきました笑
人にはタイミングとか事情とかいろいろあるけど、
私が今いってるクラスは、そこらへんの個人的な事情に踏み込まないお付き合いができているので、(たまにぼろッと、いろんな人のいろんな話がきけたりはしますが)
いまだにお名前も知らない方がいます。
でも、それはそれで気持ちのいい場です。
お金はかかりますが、心身を整えるための出費は必要経費。

自分の心身を整える。
私の自律神経は揺らぎやすい性質があるので、それを揺らがないようにするのは難しい。
それよりも、揺らいだ時にうまく調整していける、その環境づくりが私には必要だと感じています。

SNSでは楽しい語らいもある一方で、見たくないようなものも目につきます。
そういうむき出しの思いにぶち当たることも想定しないといけないのだろうと思いつつ、あまり気持ちのいいものではありません。

SNSならみなければいいのかもしれません。
でも前の投稿にも書いたけど、性質上、そういうのに当たられやすかったり、
気づきやすかったりするので、全くシャットアウトしたいけど、
しすぎると免疫下がっちゃうという現実も。
日々の生活も、いやなものを外しながら生きていけるのか問題。

上段で書いた、心にはいいけどからだによくない、
という状態は、こういうところでも言えそうです。

ただねー、もう残り少ない人生において、
今後の自分の糧に、なんて時間はあまりないような気もするんですよ。
それなら、いやなものからは離れて、自分の心が湧き立つ方に近づきたい、
そんな思いでいます。
なかなか湧き立つ思いに出逢うことが、このところ少なかったのですが、
ずっと目にしていたワードなのに、ここ数日の中で私の周りに増えてきて、
ちょっと見てみたら、あら、意外といいことやってる。
ってのに出逢ったのです。

それが本当にいいことなのかはよくわかりません。
でも、これまでの私の人間関係とはまた違う流れでの出会い直しが、
いくつかあっています。
そういう方に、少し流れて行こうかなと思っています。
全ては、自分の思いが流れる方に。

はっ。流れないから家に居たのかもしれない。



*1:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より