ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。最近は難病(ファブリ―病、大腿骨骨頭壊死)の夫との近況についてがほとんどです。

愛すべきは自分自身だった 2021.10.9

まだまだ夏日の福岡です。
お天気も続くので、今日はまだ早い感じもありつつですが、秋物の一部を洗濯。
秋物が押し入れからなくならないと、夏物がしまえないことも手伝って。
天気予報によると、再来週くらいから「平年並み」になるそうで、ということは体感的にも「ぐっと寒くなる」いうことですよね。
いつ寒くなっても対応できるように、備えだけはしておきたいものです。

今日は予定のこと気になっていたことを、さっと済ませることができて、
久しぶりに余裕がありました。
それで思いついて、ベランダに出て枯れた鉢の片付けと
新しく植える鉢の準備をしていたら、もう汗だくになってしまいました。
直射日光も当たらなくて、風も吹いてるからと油断していましたが、
最高気温は32度。明日は33度だとか。
しばらくは、家の中でごそごそ片付けをしておこうと思います。

今日のベランダのあさがお。まだまだ咲いてくれています。
今日は、こぼれた種から芽が出て、はじめて花が咲きました!
写真の右下の小さい子です。
ひと夏に咲いた花が実になって種になって花を咲かせるなんて、
すごいサイクルですよね。あさがお。

f:id:miww55:20211009205512j:image
====


【一日1BTS】2

Epiphany

さて、今日の曲はワールドワイドハンサム、JIN君のソロ曲「Epiphany」を。
BTSのバラード集リストには必ず上がってくるこの曲。
JIN君のハイトーンヴォイスがまた妙に心に沁みる曲です。
Epiphanyって単語を実は私知らなかったのですが(←英語苦手)、
悟りとか本質の気づきとか、そういう意味らしい。

www.youtube.com


いい曲だなとはもちろん思っていたのですが、
昨日の「Magicshop」同様に、和訳を知ってドキッとしたのでした。
ああ、これは自分の内面を歌っている曲なんだなと感じてはいました
が、和訳をみると、
自分の怖さや自分の中の葛藤のことをあからさまに表現されています。
歌詞の内容を把握すると、JIN君の叫ぶような歌い方が、より心に響きます。

MVでは、JINくんが2人出てきます。
このMVはこの曲単体のものではなく、アルバムの他の楽曲からのストーリーがあるようなので、一概に曲の内容だけが反映しているわけではなさそうです。
(ここが気になる方は、結Answerあたりで検索すると、ARMYの方々の推察が詳しく出てくるのでどうぞ!私はまだその辺の流れまでは読み込めてません💦)

上にあげたVの作成者きいさんの和訳は以下。
====

おかしいんだ

僕は確かに君を心から愛していたのに

何もかも君に合わせて

君のために生きようとしていたのに


そうするほど自分の心の中の

嵐に耐えられなくなっていったんだ

笑顔の仮面の裏にいる

本当の自分の姿をさらけ出すよ


I'm the one I should love in this world
この世界で僕が愛すべきたった一つの"僕"という存在

光り輝く僕を 大切な僕の魂を

ようやく気付いた

so I love me
自分自身への愛に

完璧でなくとも とても美しいんだ

I'm the one I should love
僕が愛するべきただ一人の"僕"

(揺さぶられ恐怖を感じながらも前に進んでいく)

(嵐の中に隠していた本当の君に出会った)


なぜ僕はこうして

大切な自分自身を隠したがっていたのか

何をそれほどまでに恐れ

自分の本当の姿を隠していたのか


I'm the one I should love in this world
この世界で僕が愛すべきたった一つの"僕"という存在

光り輝く僕を 大切な僕の魂を

ようやく気付いた

so I love me
自分自身への愛に

完璧でなくとも とても美しいんだ

I'm the one I should love
僕が愛するべきただ一人の"僕"

少し不器用で完璧ではないかもしれない

こんな弱々しい光じゃ気付いてもらえないかもしれない

けれどこのままの僕が"僕"だから

ここまで生きてきたこの腕と足、心臓と魂を


愛したいんだ

in this world
この世界の中で

光り輝く僕を 大切な僕の魂を

ようやく気付いた

so I love me
自分自身への愛に

完璧でなくとも とても美しいんだ

I'm the one I should love

I'm the one I should love


I'm the one I should love
僕が愛するべきただ一人の"僕"

====

ラストに出てくる文字には、

「自分自身を探すたびの最後にたどり着いたのは、また元の場所だった
結局見つけなければならないのは、すべてのはじまりであり、
みちしるべである魂の地図
誰もが持っていても、誰でも探せるわけではないそれを
僕は今から探してみる」
とあります。
この曲のまさに「answer」は決意なのでしょう。
f:id:miww55:20211009214429p:plain
===
この曲を今日紹介したのは、テーマ的にも私の求めているところにドンピシャであることもありましたが、
このV↓をみつけたから。
Epiphany芸人たちwのJIN君に対する愛がたまりません。

www.youtube.com
メインボーカルググは「こういう曲をうまく歌えるのはジンヒョンしかいない」といい、
マイクアシストしながらコーラス入れるジミン、(ジミンはリハでも下で見守ってる😊)、
マネするけど「魚~~~」にしかならず、最後には声も出ないナムさん( ´艸`)、
ジンくんのリハ中、バックでEpiphany熱唱するググミン、ビデオを回すテテ、
シュガが大好きな曲としてこの曲を挙げたことに興奮するメンバーたちがまた可愛い💗
みんなで大合唱しちゃうのも可愛い2💜
そして、本家ジンニムのAH~AH~AH~がたまらんです。

その人にしか歌えない、その人らしさがあふれる曲というのがあるものですね。
もうライブでは歌わないという噂もあるのですが、
生歌で聞きたい曲です。

f:id:miww55:20211009214548p:plain
↑今日現在のyoutube(から切り出した写真)


BTSにばかりかまけているわけではなく(と言い訳しつつ)、
Epiphany」のメッセージ「愛すべきは自分自身だった」という気づきは、
私にとって、ものすごく大きなものです。
正直、まだこれをちゃんと咀嚼できているわけではありません。
結局、旅の終わりに戻ってきた場所は、元の場所。新しい新天地ではない。
そこからは同じ道を歩むのか、自分が変えていくのかは、
気づいた今自分で選んでいかねばならない。
その決意を問われているような気がしています。

今日、この曲を選んだ意味ってあったんだなと思います。
昨日今日で、そんなことをちょっと考えている時だったから。

私たちの意識は、やはり必要なものを選んでいるのですね。
この曲って、私が表現したいことをとても明確に言葉にしているものでした。

BTSに出会っているのも、何かしらそういう意味が強くありそうな気はしています。