ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。最近は難病(ファブリ―病、大腿骨骨頭壊死)の夫との近況についてがほとんどです。

五感を大事に謹賀新年 2021.1.4 

毎年しめ飾りは生協で注文する。
年末は何が起こるかわからないから、買いに行けなくなったら困るから( ´艸`)

カタログで出たら、即決めて注文しちゃう。
いっぱいあると迷うし、悩んでいると注文したかどうかも怪しくなる可能性があるから。
ま、自分の性格故、短時間に処理できるものはしてしまおうというもの。
カタログは初期だと1枚程度の情報なので、そこから選べばよい。


今年は鶴の頭の感じと稲が気になって、こちらを選んだ。
かけると、ふんわりと稲わらのにおいがする。
こんなのしばらくなかったような気がするけど、
よくよく考えると、私自身の五感がへたっていたんじゃないかと思い立った。
f:id:miww55:20210104230048j:image
私の五感は、特に嗅覚は割と敏感な方だと思っているのだけど、
精神的にダウン傾向にある時には、全部が低下するみたいだ。

だから、この稲わらのにおいを感じた時には、ちょっと嬉しかった。懐かしかったし。
都会に暮らしていると、稲わらを目にすることすらないから。

今日はお風呂に入り、湯船につかる時に「はあああ、あったかーい」と声が出た。
最近、ほっとすることはあっても声が出るまでのことはなかった。
皮膚感覚は五感のうちの触角に近いのだろうけど、水を触るだけじゃなく温度や湿度その他の感覚が何重にもなって感じるもの。

だから、感覚として湧き上がってくるものも複雑な感じを受ける。

その感覚を味わいながら、さっき書いたしめ飾りの稲わらの香りのことを思い出していた。

なんで不意にこの稲わらの香りが感じられたのだろう、と思ったときに、
視覚の影響力でほかの感覚が薄れてしまっていたのじゃないか、という仮説が頭に浮かんだ。
このところ、目が疲れ気味だったので、必要以上に目を凝らしてみないようにしたり、
意識的に視覚に頼ることを減らしていた。
だからかどうかはわからないけど、嗅覚と触角は、いつもよりも感じるわけだから、
理由のひとつにはなるかな。

関係ないけど、門松も飾っている。3年目かな。
今回は今までで一番小さなものを選んでみた。
これは生協にはないので、出会ったら購入するスタイル。
あまりにも小さいかなとおもったけれど、大き目だと処分する時に罪悪感に近いものを感じてしまうので、小さい方が気が楽なのだ。
今年はどんど焼きに出せるといいけれど。

小さいものはかわいいというのもある。

f:id:miww55:20210104230053j:image

さらに全くこれらとは関係ないのだけど、
今日ネットでみかけたあさイチおみくじ。
これも直感といえば直感なタイミングで止めるやつ。

タップして止めると、ほぼ近江ちゃん。
どんだけ好きなの?ってくらい近江ちゃん笑
10回くらいやったけど近江ちゃんしか止まらない。1回華丸さんが出たw

でも、スクショするとなぜか大吉さんしかできない。なんで?

大吉さん、大好きだからいいんだけど。
大吉さんの名の通り、大吉な一年でありますように。

謹賀新年~

 f:id:miww55:20210104230109p:image