ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

後はリハビリ 2020.8.8

とりあえず今日、家人のカテーテルでの処置手術が終わりました。

終わってすぐくらいのタイミングで主治医の先生から電話があり
「無事に終わりました。生検もとりました」の報告だったので、
平常時なら立ち会いが必要なやつだったのかもしれません。

本人からは「麻酔で寝てるうちに終わるらしい」と軽い感じで聞いていたのですが、後日談としては「紐パン履いた」とか「長い長い長い夢だった。バックトゥザフューチャー3連作続けて観たような感じだった」そうで。

楽しげだけどきつそうw

気になっていた箇所は、この処置で落ち着いていくだろうということで、ほっと一息。

先生からは「外心房にもひとつありましてそれもとりました」なんて言葉をサラリと言われるので、「は、ありがとうございます」と言いつつ聞こえた言葉をメモる。

 

夕方、経過を見た先生からまた電話。

経過は悪くなく落ち着いているが、リハビリがさっとはいかない模様。

入院する前もかなりきつく身体の筋肉も衰えていて、
5キロ体重が落ちたことも関係している可能性もあるだろうとか。

HCUに5、6日入っていたし、ほぼ歩いてもいないらしいので、
歩行器で50m歩けるかどうかというところらしい。
この感じじゃ帰宅はまだまだ無理だし

脈の方と筋肉の方とをみながらリハビリしていくしかないそうだ。

透析とリハビリをしてくれる病院があるか、空きはあるかをソーシャルワーカーさんが探してくれるそう。

まだまだ情報がちょこちょことしかなくて、
どう準備すればいいのかわかんないんだけど、

書類の申請で取りに行かねばならないのがあるから、
明日明後日のどこかで病院行きかな。

本人には退院時しか会えないから、どうも意思疎通ができにくい。

彼はスマホ使い慣れてないからか、たまに解読不明な文字が送ってくる。
心配するのよね。えっ、頭までとか、指が?とか。

まあみ守るしか。見えないけど見えないからいいのかもしれない。

 

ジミにするしかないんですよね。リハビリって。

本人は仕事があるから帰りたいと思うのでしょうが、
そこにたどり着くまでの体力を戻さないとね。

 

今夜は半年に一度恒例、息子幼馴染のお泊まり。

彼は関東で働いてて、帰省の度に1日はうちで息子と2人でイチャイチャしてる。
今夜は2リットルのコーラに炭酸水、お菓子買って帰ってきた💜

今から夜を徹して楽しむのだろう。

保育園の時からちっとも遊び方が変わらん気がする。2人でいてもそれぞれ別のことしてる方が多いのよね。

でもだから続くのかもね。

 

母は寝ますよっ。