ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

Happy日記1106

・朝、あさがおが咲いた。
昨日、ピンクのが覗いていたのが、もう咲いた。
この生命力には驚かされる。

(あさがおの右横には、フリージアの芽)

f:id:miww55:20181106231251j:image

整骨院ピラティス
ピラティスは2週ぶりで、身体がしんどかった。
先生曰く「随分動くようになりましたよ。」
でも今日は「スタミナがないねw」。
はい、その通り。
歯が痛いのも、力が出ない原因のひとつ。
言っててもしゃーないので、今日は夕方鎮痛剤を飲みました。

・母のところへ鬼リハビリをしにw
今の施設に入って3ケ月。車いすばかりの生活でリハビリがないためか、足腰が弱り始めている母。
施設に相談するも、それはご家族で、と言われたので、
とりあえず私が行く時には、少し杖で歩かせよう!と思った次第。

ちょっと歩くだけなのに、すごーく嫌がる。
最初はごねて、「もういいよ」と寝転ぶ。子どもか。
「寝るのは私がおらんときでもいっぱい寝れるやろ」って起こしてみる。
「その辺だけ、ちょっと行ってみよう。おなか減らしに」と、いろいろ言って靴を履かせる。
部屋を出た時点で「もうきつい」。
でも、これで帰ると二度と出なくなりそう。
「頑張ってソファーのところまで」って言って、私の足で歩いて10歩くらいの入り口のソファーまで、頑張って歩かせる。
ソファーで一休み。
とりあえずユニット内を一周。(といっても直線距離を行って帰ってくるだけだけども)

でも、歩いてると感覚が戻ってくるのだろう。
最初は私の手を支えにして、よろよろしていたのが、帰りは少し足取りが軽くなる。
「スムーズになったね」というと本人も自覚しているのか、前向きになる。

ベッドに着くと、はーはー言っている。
久しぶりの運動だからだろう。ちょっとだけど、ちょっとだからこそしなくなるとできなくなる。だから、やらなきゃね。
車いすは楽だけど、使わないとせっかく使える足が使えなくなるでしょ。私が来る時だけでもいいから、歩こうね」と言い聞かせてきた。

せっかく痴呆からも脱せたのだから、体も少しでも動けるようになるなら、生きる励みにもなる気がするのよね~。


・気になっていた作業をする。
自分でまとめられてないので、時間がかかった。
明日推敲しよう。一日寝かせてみる。

明日は今日よりもっといい日。
昨日よりぐっすりねむれるといいなぁ。
おやすみなさい。