ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

決めるしかないんだ。

レストランに行くと、オムライスかカレーかで悩む。
「男選ぶ時もそうやって悩むのか?」と昔言われたことがある笑
男は悩まなかったなぁ。
どれにしようかな的なシーンがなかったからかもしれない。

私には、今この瞬間をいかに最適に過ごすかと考える癖があって、
お腹の好き具合と、
食べてからのおなかの状態と、
金額的にみあっているかと、
満足度と、その他...
いくつもの条件を天秤にかけて、一番いい具合を狙おうとする。

変なところ、芸術家みたいなものかもしれない。
(真面目に芸術やっている方ごめんなさい。この比喩違うかもしれないけど、私的には「この瞬間」「この一番いい具合」がその時の私の黄金比で、そのことを言いたいための「芸術家」というメタファーです)

それを追求したい欲求が強いのだと思うのです。

でもこれってすごくパワーが要る。
だから、体力使うし疲れるのかなと。
最近の仮説です。
これが一番、私が私の身体をダメにしている原因なのではないかと。

一番いい具合を狙う時って、気持ちがいいんです。
カメラで焦点を合わせるのを、オートじゃなくて自分で合わせる感じ。
でもちゃんと学んでいるわけでもなく感性でやるので、なかなか経験がうまくつながらなくて。そりゃそうだ。同じような状態は二度とないわけだから。

だからね、
やり方を変えようと思うの。
できるだけぱっと決める。感性で決める。
もしそれで失敗してもいい。学びにするかどうかはどっちでもいい。
それを繰り返していくと、私の大事な感性は残しつつ、何かが回っていくのではないか。そうしたらきっと今までとは違う流れが創れそうな。

懸案は、慣れ親しんだこれまでの思考を捨てることができるかだ。
人一倍考える私が、その頭を置いて、感性に委ねる。
ほぼLSP状態。
でも、怖くはないぞ。
ブロック作るワクワクと一緒だもん。

今まで推理探偵だった、その職を捨てて、
いきなり決定を黄色ちゃんに委ねるというわけで。
なかなかに荒療治。でももうここまで来ているよ。結構崖っぷち。
出も落ちても、帰ってくればいいんだけどね。
死なないみたいだし。

自分で選ぶんだ!覚悟を決めても決めなくてもいい。
選んで、後から意味づけをするんだ。
辛いこともあるかもだけど、そもそも辛かったしつまんなかったわけだから、
攻めて面白おかしく名前を付けていこうか。

今日はユウスケの誕生日。
なんかちゃんと祝ってあげられなくて、悪かった。
そうか、今日ハグしてないぞ。
可愛い子。大きくなっても可愛い子。
お姉ちゃんが家を出てから、特に彼は私のしるべでもあり支えにもなった。
子どもって、ありがたいな。いるだけでとてもありがたい。すくわれる。
うまく親離れをしてってね。