ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

Happy日記1126~私がワクワクするもの

・今日はいい風呂の日らしい。
そういえば今日のお風呂は気持ちよかった。
オレンジリンデンバウムの香りのクナイプを入れて、熱めのお湯で温まった。
ちょっと体調が不穏な感じなので、葛根湯も飲んでみた。
バスや地下鉄では横の人がよく咳をする。咳ハラスメント(><)
今年は免疫力が随分持ち直してるけど、そろそろ防衛にも気を使わねばですね。

・朝から母を耳鼻科と補聴器屋さんに連れていく。
耳鼻科では、耳の詰まりを取るために、薬を入れてしばらくおく×2だったので、結構時間がかかり、待ってる間、うとうとしていた。
おかげで、すっきり取れたらしく「わ~、きこえる!」とはしゃぐ母。
補聴器はちょっと壊れていたところも、サービスで修理してもらえてよかった。

・午後はクイーンを流しながら、作業。

今日は調子が上がらず。

・昨日の続き。
昨日のLSPで作った「私がワクワクするもの」。

f:id:miww55:20181126230117j:image


私は人生において「見たことのないものを見たい」を信念のように思っている。
私の癖のようなものでもある。
だから、未来もみてみたい。
今でも自分が興味を持つものは、とことんまで見てみたい。なぜそれが存在するのかってところまで知りたくなる。
過去においては、見えない世界や先祖についても知りたい。自分が生まれてきた意味やルーツに思いを馳せる。

写真の一番手前のモデルが私のもの。
黄色の部分が未来。真ん中で立っているのが今、青とピンクが見えない世界と先祖。

完璧に後付けだが、手がそれを作った。勝手に手が作り、それに起因して自分の中にあるものが引っ張り出される。やっぱりLSPは面白い。

昨日のワークは、「そのワクワクモデルに自分の子どもを関わらせるとしたら?」という問いで、自分の子どもを1ブロックで表し、自分のモデルに加える。
どんなブロックにしたのか、どこに置いたのかで、自分がこどもとどうかかわっているか、関わりたいのかがわかる。
私はきいろのスケルトンブロックを選んだ。
こどもは光り輝いている。そして透明だ。何色にでも自分で選んでなれる。
そんな彼らは、未来の突端にいる。どんどん先に進んでほしい。そして同等でいてほしい。親だから背中をみせなきゃなんてことはみじんも思わない。彼らに教え教えられる。
私は、そう思っている。

最後は、みんなのモデルと自分のモデルがつながっているところをつなぐワーク。
隣のNくんの解釈は私の未来志向やみえないものをみたいというところに似ているので、そこに1本張られた。
私は、Nくんの向こう隣のSさんの考えることが大好きというところに現在の自分を張った。
ラインがいっぱいなかったので、自分からは1本しか張らなかったが、
私の右隣のKさんのいう「きっちりち密に計画するピタゴラスイッチ的」をとても好む自分もいるし、そのお隣のKさんの「迷路&メビウスの輪」もまさに私の人生で、
私のモデルの立体版のようなものだ。

結局、自分は自分であり他者の中にも存在しているのだというのが、このワークをして納得感としてあった。
それは書物で読んだこともあるし、そうだろうなと思っていることでもあった。
が、こういうワークの中でモデルで理解したのは初めてだった。

パーソナル的には、そこまで似通っていない人たちの集まりだったのだが、
モデルで共感するというか、他者モデルも自分なりに解釈して自分を広げる感がこのワークにはあって、個人的にはとても興味深かった。

フローに落とすにはもう少しひねりも必要だが、精神世界をかじっている人向けかな。その手の知識がある人がこれやると、ストンと腑に落ちそうで。
出来たら面白い。