ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

Happy日記0406

・今日は、馬があばれております。
低気圧のせいもあったかも。
ああ、昼間はきつかった。よく頑張っている私は。ほんとに。よしよしヾ(・ω・`)
一緒に乗ってるともう疲れ切っちゃうから、馬があばれはじめたら、降りてじっと見ることをしないとだ、と気づいた。

・今日は子らが長崎に行った。
その流れに一緒に乗って役所に連れて行ってもらおうと思ったけど、朝がやっぱり間に合わなくて、マイペースでご飯を食べて準備していたら、帰宅した夫が連れて行ってくれるというので甘えた。ありがたい。言っておいてよかった。

・母の荷物を整理していたら、出てくるべきものが出てくる。
「書類の印鑑が違うと銀行で発覚」→「ポーチに違う印鑑を発見」
「○○銀行の口座があるのでは?」→「通帳あった!」

護られているのか、私の潜在意識が働いているのか。両方かな。どっちにしてもありがたいことだ。1回で済むと思っていたことは2回3回時間がかかるけど。
知らない方が、現実を楽観視できるってことかいな?
でもそれをやらないと終わらない。こういうのが延々とある。終わりはあるのだろうか。
手続きはやらないと進まないからやらざるを得ない。でもその中で、その仕組みをちょっとだけ知ることもできるなとも思う。

・母のこれまでの入院手術転院関係の書類、保険等お金関係を全部整理、ファイリング。は~、すっきり。
というか、これでやっと視える化ができた。
自分のことじゃないものは特にわからないから、場当たり的にやってきたけど、ほんとに必要。
これって、自分のことも言えるよなとつくづく思ったので、自分のものも整理し始めている。まずは引き出し~。
とにかく捨てよう。
私は、母の10倍荷物がある。

・記憶は正しくない可能性があると気づく。
脳が適当にやってたりさぼったりヒートアップしたりしてそう。
脳疲労が激しいので、やすませてあげないと。。。
もうブチブチ切れてる可能性もあるけど、それならそれ。
でも自分で判断しない。F先生に言われた「あなたの頭なんて大したことない。」若干失礼だけど、ほんとのことだ~。
気づけただけいいということで。

・すべてはうまくいっている。

・お風呂。気持ちよかった。
けどいろいろ考える。
お酒もなくなったことだし、お風呂の中で水神様龍神さまにお参りするのはやめよう。
そうすればもう少し五感に集中できる。
お酒のおかげか、お風呂上りの顔がまっか。
お腹がまっかになればよいのにな。

上唇と鼻の間の部位を食祿(しょくろく)

といいます。

 

ここにほくろがある人は

「一生食うに困らない」といいます。

 

 

食は職に通じ、色とも通じます。

 

食通であったり、

会話が上手であったりして、

魅力的な人が多く、

そのために

仕事に困らない、または、

色事(異性や恋愛)に不自由しない

運を持っています。

 

 神井真名さんのブログにあった記事。

ほくろありますっ!

私は苦労してきた感を持っているけど、よくよく考えると食べ物がないということは経験していない。お金がない時もそれなりに工夫をして乗り切っていたし、それなりに美味しいと思いながら食べていた気がする。
護られてるんだなぁw
私の人生、ちっともいいことないって思ってたけど、
うまくいってるじゃん。

さて、次は仕事だな。

病気も不安も自分が作っていて、作らなくすれば健康は戻ってくる。
ならば仕事もできる。
なあんだ。って感じ。
暴れ馬さえ調教できれば、私はなんだってできるんだ。

難しい。チャレンジのし甲斐がありすぎるけど、これまでと違うチャレンジの仕方を学び実践するチャンスなんだな。

1年前より格段に成長してると思う。自分はね。
ま、自己評価は大事だ。だって1年前の日記は出来ない、「難しい」「できない」ばっかりだもん。
今現在はできない、それ自体は事実だけど、前から少し進歩したなと思うのは、選択肢を探す視野が広がった気がする。
見えない世界も見える自分の現実も、受け止めようとする姿勢が出てきたことは評価に値する。
渦中に入った時に、うわ~っとならないといいのだけど。
楽しいこと、心地いいこと、やりたいことがまだ思いつく体力がないんだよね。
イメージの世界に飛んでいく余裕がないから。
余裕余白ゆとりを作るの意識。
わかってるから、次は今日よりもうまくいくはず。


・母宅から位牌関係を持ってきたことで、掛け軸をみてもらうと、新興宗教系ばかりだったので速攻処分した。
母のメモ・祖父の履歴書から、母の父系母系の方の名前が26名分明らかになる。
系譜はいまいちわからないけど、一枚に書き直し、眺めながら「南無阿弥陀仏」を唱える。
自分の知らない人たちが、でも私の祖先として生きていた。そして今もきっと見守ってくれているのだろう。
父方も入れればきっとざっくり50名くらいかな。この明治くらいから今まで。
みなさま、ぜひ成仏にあがっていただきたいものです。すっきりした形で、家系をつないでいきたい。

明日も今日よりきっといい日!

ぐんない。