ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

感覚の違い、感情の違い 2020.10.24

あっという間!、まだ1ケ月?
どっちも感じるこのところ。

10月は行事が多いからあっという間、というのは例年のことです。
娘の誕生日も、息子の誕生日も終わり、
子らがひとつずつ大人になりました。
私は25年前のこと、18年前のことをそれぞれ思い出していました。

子らの誕生日の間には、父の命日も挟まっています。
36年が経ちました。
いつまでも忘れない気はするのですが、
思い浮かべる情景はなんだか薄くなってきている気がします。
感情よりも。

子を産んだ時の感情はあまり覚えていなくて、
体の状況のリアルさばかりをよく覚えています。
息子を産んだ時には、立ち合いをさせた当時1年生の娘が大泣きしていたことを思い出しました。生命の神秘を感じさせたかったのに、
私が苦しんでいる姿の方が彼女にはショックだったそうで💦

子が生まれた時の感情は、頭に浮かんだ文字。
父が死んだ時に感じた感情は、喪失感。
いや、というより感情よりも先に涙が出るというか、
条件反射的に、涙を出す行為でもしていないと心が崩壊しそう、
というのが正しいのかも。

それでも、ちゃんと泣けていなかったのかもしれません。
ずるずると36年間もちょこちょこ泣いている自分がいます。
自分が死ぬまでの方が、この期間よりも短くなっているはずなのに。

今更その時の状況を振り返ってみましたが、
やはり体の方が、心よりも先に反応するのかもしれませんね。
そして、感情はずるずると残る。


23日に、眼瞼下垂の手術後1ケ月検診に行って来ました。
もう半年くらいたった感じでいたのに。これがすごく不思議。
生活に不自由のあった1週間と、
見た目にまだまだ違和感の強かったその後の1週間以降は、
視力の不安定さも大きかったものの、その暮らしにも随分慣れていきました。

すごいな。
人間の復活力を知りました。

齢54にもなると、いろいろ衰えるわけで、
そのことを頭で考えるよりも体で感じることが増えていくお年頃。
この年にもなって、メスを体に入れることは、その傷のダメージも大きいだろうなと想像していたんです。

若いころに大腿骨を折り、手術を3回もしたもので、
そのイメージが強すぎるのかもしれません。
それが、傷自体は2,3日でふさがっている模様だし、翌日からは傷をしっかり石鹸で洗ってもいい、逆に洗わないと新陳代謝が悪くなるのでよくないと言われるわけで,

医学の進歩ってすごいものです。
一ケ月検診でも、傷はとてもきれいとのこと。(1ケ月にしては、です。)
まあ、思う以上に違和感もなくなってきているし、右と左の差もなくなってきているし、思う以上に普通。

もちろん変化はあるのですが、なんだか普通に戻れているのが不思議です。


感覚の違い、感情の違い、
自分が思うこと・感じることはその人のリアルではあるけれど、
それは絶対とイコールではないんだなと、
そんなことも、実際に自分が感じないと理解できないことなんだなと思います。

※「絶対」という言葉は、扱いがちょっと難しいのですが、
ここではその時々の体の感覚を「絶対」に近いものとして考えると、ということで使ってみました。


これって、若い頃にはなかなか理解できないやつ。

でも、もうちょっと若い頃に感じていたら、
行動が変わっていたかもしれないなーとも思います。
思ったところで覆水盆に返らずではあるのですが。
ま、私の性格上、まだこの時点で納得できたことは、
意外とラッキーなのかもしれません。

まだまだ頑張るよ私、っていうテイストではなく、
今やっと気づいたから、新しい私がこれから始まる
そんな感じかなー。

体の感覚を受け入れる覚悟がようやくできた、
いや、覚悟ができる時も増えてきたというのが言葉としては正確ですね。

体が疲れていると思う時には寝る。罪悪感なしに。
ある種の諦めを受け入れることは、成長だと言えるのではないでしょうか。

今日は、この夏225個目のあさがおが咲きました。
去年は92個で終わったので、倍以上。
でも去年は11月過ぎまで咲いていたよう。
今年はいつまで会えるかな。
(写真は21日のあさがお。今日のはピンボケしてました💦)

f:id:miww55:20201024230056j:plain


こんな些細な楽しみを、日常に持っておけるしあわせ。

毎日が刺激的でなくてもいい。


今日から家にはファンヒーターが登場。この数日の福岡はぐっと冷えてきたんです。
個人的にはせめて11月からにしたかったけど、
私より刺激に弱くなった家族が、せっせと出してきていました。

まあ、あったかいとほっとしますなぁ笑