ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

公園でひなたぼっこ~2019.1.24

まさにタイトル通りなのですが、
これは、自分が望むことを真っ先に叶える正しい行事w。
今日はお天気もよく、あったかく。
行かねば!と昼前からうずうずしておりました。
f:id:miww55:20190124235412j:plain

近くの公園。日差しがまぶしくて、暑いくらい。
日焼け止め塗ってきて正解。

f:id:miww55:20190124235436j:plain

 お約束の、裸足でアーシング。地面がひんやり気持ちいい。
あったかい。つめたい。ひんやり。じわじわ。ほのか。風。まぶしい。
ふ―っと息をして鼻から入ってくる空気の温度。肺に入っていく空気の大きさ。
息をはいた後のお腹のそこに残る何か。それを感じた後の、そこから地面につながっていくベクトルのような重いもの。
からだのいろんなものを感じるだけ感じる。そしてこうして思い出し書く時に、その感覚を言語化してみたり。

f:id:miww55:20190124235453j:plain

 つゆ草かな。

f:id:miww55:20190124235518j:plain
私は立ち枯れたものやドライフラワーは、
魂が亡くなってしまった残骸のように見えて、
あまり好きではないのだけど、この木花は単純に美しいと思った。

f:id:miww55:20190124235548j:plain

 この木の下にいると元気が出る。ここから見上げる空も好き。

f:id:miww55:20190124235616j:plain

 winding road

f:id:miww55:20190124235640j:plain

 光る水辺

f:id:miww55:20190124235706j:plain

 波間

f:id:miww55:20190124235813j:plain

 赤と白

f:id:miww55:20190124235724j:plain

 ピーピー豆の花

f:id:miww55:20190124235752j:plain

 桜は準備中

f:id:miww55:20190124235834j:plain

 紫のつぶつぶさん 

f:id:miww55:20190124235854j:plain
きいろちゃん よく見るけど名前知らない子

f:id:miww55:20190125000059j:plain
可愛いピンクの子
こういう集団が好き。

こんな写真を撮りながら、読書もしながら1時間半くらいまったり過ごしていた。
日が陰ってきたら寒くなったので退散。

今日読んでいたのは、山川亜希子さんの「宇宙で唯一の自分を大切にする方法」。

宇宙で唯一の自分を大切にする方法 (角川文庫)

宇宙で唯一の自分を大切にする方法 (角川文庫)

 

 ちょっと前の私なら、このタイトルの本には手を出さなかったと思うのだけど、
沖縄に行った後から流れが確実に変わってきていて、
過去の掘り起こしというか、
過去に触ったものを、少し違った目で見る機会が続いている。

前世療法とか魂の伴侶とか、そのあたりの精神世界の本を軒並み読み漁ったのは、父親が亡くなって以降だった。
母も私も、死ぬとはどういうことなのか、魂とは何か、死んだら魂はどこにいくのか、なぜ生まれてくるのか、生きるとはどういうことかなんてことをつらつら考えており、これらの本を読むことで、やっと父の死を受け入れることができた。

が、生きづらさはなくならない。

前世療法を読み終え、私も受けたいと思い、訳者の山川夫妻に手紙を書いたことがある。
奥様の亜希子さんからご丁寧なお手紙をいただき、前世療法ができる人ではないが、とある団体を紹介された。

私のスピ経験はここからはじまっている。

そんな、私にとっては過去の関わりであった方々だけど、
メルマガはずっと取っていてでも読んでいなくて、
でも、ふと読んでみる気になって一本読んでみた。
なんてことはなかったが、亜希子さんの優しい語り口調での文章に触れて、
和らぐ感じがして、何本か読む中で、この本が紹介されていた。

Amazonでぽちって、購入し、読み始めたら、
なんだか自分のことのようだった。
この本は、亜希子さんの自伝というか、自分の経験を書かれている本で、
学術的な感じでもないし、タイトルには「~の方法」とあるが、ノウハウものでもない。
でも多分、今の私に必要な教えなのだなと思って読んでいる。
実際、今だからわかることはたくさんある。
これを以前の私が読んでも、「こんなアバウトな書きかたされてもわかんないよ。」って思っていたと思う。

「自分はありのままで価値があること、あなたという存在はこの世に、この宇宙にたった一人の、貴重で大切な存在であることを、私たちは知らなければなりません」

今はこの文が心に沁みるけど、ちょっと前の私だと「誰でも言ってるし」とか「そんなことはわかってる」で終わっていた気がする。

まだ読了できていないので、読み終えるのが楽しみではある。

今日はこの辺で。