ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

Happy日記0324・0325

・この土日は、「息子の卒業祝い家族旅行スポンサードBy義母」ということで別府温泉に行ってきた。

・お天気と適温に恵まれた!
天気と気候って人の心をこんなに揺さぶるんだなと改めて思う~。
何よりの日々でした。ありがたいこと。
帰りは高速から大きな夕日がずーっと見えていて、美しいなぁと思って見てた。

・私はあんまり食べられない数日が続いていて(波があるけど)、でもそういう私を普通に接してくれる家族にありがたいなぁと思う。
やたら心配しても私が食べられるようになるわけでもない。
そうなんだよね。
そのことは私ができないことで。
母が食べられないと私まで食べられなくなるという、追体験を勝手にしてしまう自分に「そうじゃなくてもいいんだよ」って姿をみせてくれてるんだなぁ。

バイキングで梅干しとごはん、ちょっとのおかずを食べる私を横目に、蟹食べ放題∔バイキングをがんがん食べる彼ら。
美味しく食べられるっていいことやし、まあそれぞれがそれぞれの体調で食べられるのはバイキングならではかもなぁとも思ったり。
私は、意外とプリンが美味しかったなぁ。

・温泉を3ケ所。特に砂湯は面白かった。
鉄輪の「ひょうたん温泉」。砂湯は混浴なので、息子と一緒に砂を掘りかけあいながら。もう大きな砂場。掘って、埋まって、砂かけてっていう感じw
これだけでも結構面白かった。体も心も面白がっていた。
砂は掘ると下の方が結構熱い。高温の方は人がもうしっかり埋まって動かれずw居心地がいいんだろう。
中温しか空いていなかったので、がちで体を温めるという感じではなかったが、体験として面白い遊びだった。
砂の圧もほどほどに感じた。これは一人じゃない方がいい。

砂を落として温泉へ。ここが、なかなか風情のあるお風呂だった。お風呂の中に観音様?薬師如来さま?の仏像があり、お風呂の中で拝みながら。。ありがたいお湯だ。
露天も上からくねくねと流れ落ちてくる瀧をみながら、熱めのお湯。気持ちよかった~~~!
この露天は何がいいと一言で言えないけど、「いい!」という感覚だった。娘と「!」と言い合いながら入る感じでw

外におまつりされている、不動明王様にご挨拶。
そしてはしっこにいらした大黒様にハンマー借りてきたw

ホテルのお湯も熱めで気持ちよかった。露天もあるけど、普通にお洒落な温泉湯。

2日目の杉乃井がまた面白かった。
スパの方は水着で入る。プール?この季節に?と、最初は思っていたが、この好天気で、屋外でも気持ちいいスパ。水着着てスパって初めてだった。これ、あり。高塩濃度のところで浮いたり、水の中に耳をつけて音楽を聴いたり、塩サウナに入ったり。
ここは男女一緒に入れるのもおもしろかった。
ここは、泊まると楽しそう(今回はいっぱいで取れなかった)。
でもおかげで他のお風呂が楽しめたのでよし。

棚湯はまた好天に恵まれたので、青空の中のお風呂はまたよかった。スパとはまた違う気持ちよさ。

五感で気持ちイイをてんこ盛り感じられるのは温泉ならでは。
もっと近くにあればなぁ、別府。
今度は地獄めぐりもしたい。ここはワンダーランドだなーと思いつつ帰ってきた。

・ビーコンプラザのグローバルタワーにのぼる。磯崎新作らしい。
高いところがあんまり得意じゃないと自分で思っていたけど、
慣れてくると意外とおもしろかった。下よりももっと見るものがあったからかな。
別府のまちは山も海も湯けむりもあって、見るだけでも刺激がある。

・ホテルは亀の井さん。
ベッドが6つあるお部屋は広々。
冷え性の私が、靴下を履かずに寝れたというのは、なかなかにすごい。
エアコンもオフなのに、なんでこんなに冷えないのだろう?
ありがたい不思議。
まあホテルってそんなものではあるけど。
家でもそうありたい。切実に思う。
いびきで迷惑かけるの嫌だなぁとか思ってたけど、隣で娘が小さくいびきをかいていて、まあほほえましいなぁと思いながら眠りについた。自分の寝ている姿は自分では見れないしどうしようもないから、考えても仕方ない。


・お薬の力もも借りながら、自分の力、それ以外の力にも頼りながら、
過ごした2日間。
緊張をいかにしないか、緊張したらいかにほぐすか。
渦中にはいるとみえなくなってしまうから、夢中になる何かがあるといい。

帰りの車中では歌を歌いまくっていた。
呼吸もするし、歌を歌うのはいい。気持ちも明るくなるし、リズムに乗ると体が喜ぶ。何も考えない気持ちいい時間が私には必要だ~。