ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

場を創るのが好き Happy日記0624

・プレ講座が無事終了。
毎年のことだけど、申込み不要のイベントって不確定要素満載で落ち着かない。
想定ができないものを仮にと進めるのはリスク高いけど、
結局何人来るかだけが不確定なので、それで左右されるものの作りにしなければ淡々と進めるというのも、改めて思ったなぁ。
昨日はどうなることかと思ったけど、意外とシンプルな作りだったからか、大学生の進行もスムーズにいけて安心した。

この通日で痛感しているのは、私は彼らが成長するタイミングのフォローをしたり、目が届いてないところに気づかせたり、様子をうかがって声をかけて緊張をほぐしてあげたり、彼ら同士をつないだり、なんだかそういうのをやるのが私の役割な気がしている。
私が私らしさを発揮してできること。
気になって仕方ないからすること。
点と点をつないだり、交わってどうなるかはわからないけどその可能性にワクワクしながら場を創るのが好き。
そんな場で、みんなが楽しそうにイキイキしてて、
彼らが自分自身を肯定し、安心して自分を出しながら、
みんなで一緒に目指すなにかを生み出しているのを見るのが好き。

今日は、保護者の方々へのヒアリングもしてみた。
卒業生にも声をかけ、要所で仕事をしてもらった。
進行時間のめどもだいたいのところを統括に伝え、彼女たちと時間を調整しながら進めて行った。

私がここでできることはなんだろうと集中して考えて、いや考えてというよりは動かされてる気づかされている感覚が強かったかもしれない。そんな動きだった。
自分ができることを、自分でその役割を作って担う。勝手に満足感を持っているのかもしれないけど、場にとって役に立ってる感めっちゃある笑

===
講座の後、卒業生の二人とお茶をしに行った。
その時に彼女たちに話をしながら思ったことがある。


私が持っているこのプロジェクトの現場がなぜいいかというのは、
誰がきても明るく迎え入れて、みんなで一緒に遠くに行こうという雰囲気があるから。
これはもう文化だ。
こういう文化の中で育った子は、そういう世界をまた外で作ってくれるはず。
何をやったかもいいけれど、誰とやったかも必要だ。
ものや手法はマネしやすいけど、こんな文化は再現性がしにくいかもしれない。
だから、肌感覚ってすごく大切なことのような気がする。
ちょっと言葉にはしにくいのだけど、
自分が受け入れられたというよりも否定されないというか、
安心してもいいんだと思える場所があって初めて、
人は、巣づくりのようなことやなんらか得ようとする行動ができるんじゃないのかと感じている。
私がそこにいたいのは、そこはある種自分の理想の世界だから。
自分がそういう場に居たい。
自分が小さい頃や若い頃にそんな場があったらと思うから。

作者的に見れば、ぼろぼろなのかもしれない物語だけど、
外見を綺麗にするのではなくて、そこに自分が居てどうしたいかが考えられる場所を、
ここにこだわらずに、作っていけたらいいんだよねと思う。

今日卒業生には、在学生との関わり方をもっと違う形でもいいから考えてほしいということと、
自分たちの世代が作るこんな場があってもいいという話をした。
私のような親世代が作るものと、彼らが作っていくものとはまた違うし、
世代交代してもいいし、共存関係にあってもいい。主体が彼らになっていくのは当然だから、違う関わり方になってもいい。
そういう風に思うと、また違う意味でワクワクする。
未来を託せそうな若者を私は産み出しているんだなと思うと、結構嬉しい。

こういう場に居れることを、ありがたいと思う。


人生は物語だ Happy日記0623 

自分の中で準備は終わった。
あれこれやろうと思えばきりがない。
自分の気持ちが落ち着くところまでを、
時間=自分のペースと相談しながら、
のある程度。

心配性の私は、用意万端を好む。
でも、それで身を削って身体を壊して消費してしまった。
それはもう本末転倒なお話。
これは繰り返したくないと、真剣に思うので、
とにかく「自分が大事」だと思うことを繰り返す。
心配を消すための浪費をやめて、
自分が幸せになる時間を作るのを優先したい。

物語が好きな私。
物語の何が好きかというと、
伏線があることに気づいたり、
何かの教訓や示されている直接的でないものに気づいたり、
というのが一番好き。

単純にストーリーに身を任せて、
「どうなるんだろう」のワクワク感も好きだ。

登場人物になりきって、思いを寄せたり、
他者の人生を生きるのも好きといえば好き(これは言いも悪いもある^^;のでこういう書き方をしておく。

そもそも私は童話が好きなのだが、
それは単純に純粋さがあるからというのもある。
若者系の純粋な思いで突っ走る系が好きなのも、
多分そこに私の憧れがあるからだと思う。

そんな私がしばらく物語が苦手になった時期がある。
何も浮かばない、何も考えられなくなった。
ワクワクするストーリーは、考えろと言われれば言われるほど、全く浮かばず頭の中には白しか浮かばなかった。

多分自分の中で強制力が働くと、
自分の中のクリエイティビティが押し黙る。
これは他者からの強制とは限らなくて、
私の中の「ねばならない」モードが働くと、
「うまくつくる」という意識が作動して、頭だけで動かしてしまうから、頭が潜在意識と連動しないと、私の中の大いなる知恵とのアクセスが切れる。

人生は物語だ。
ポジティブに考えなさい。やりたいことをなりたい自分を、といわれても、
素直に作れない自分が居た。
そもそものなりたい自分なんてないんじゃないか。
たいそうなものを設定したがるのが私だ。
理想が高すぎるので、こう在りたい、こんな社会にしたいの設定も難易度としては高いのかもしれない。
そういう高いハードルを設定すると、
まだよちよちジャンパーの私は、途端になにをどうすればいいのかわからなくなる。
道を設定するための目標設定なのに、逆に迷路をいっぱいつくってしまいそうになる。

生きることを、苦行にしてはいけない。
迷路に入ったら出られなくなる。見えていた道が逆に見えなくなる。そういう時は一旦コースアウトしよう。そう思って、一旦目標とそこに至る道の選択をやめた。

そして今、目標も含めて再構築中。
一旦目標(こうしたい)は作ったが、結局前と一緒になってしまいがち。
それならばと、今度はそこまでの行き方を変えてみた。つまり選択する際のポイントを変えてみつつある。
苦行スタイルや、「こうだと正解に近いかも」というのではなくて、
私自身の「こうだったらいいな」くらいでまずはいく。
そんな感じのライトさと中途半端さで、
少しでもワクワクしながら歩ける道を歩きたい。

そしたら、客観的には無謀に見える道でも、自分らしく歩けば自分も納得して力が出るような気がした。
ちょっとした気の持ちようと、行動を変えるだけだけど、
これって簡単ではない。
それでも、自分が信じる明るい方に、自分の感覚を信じて進むしかないんだと思う。

明日は今日よりももっといい日。
おやすみなさい。



痛みは自分が光を放つもとになる大切なもの

今日受け取ったメルマガから、目に入った言葉を書き留めておきます。
===
痛みを避けて生きることに


人間は思考を使い、人生を使い

快適で安全なことが幸せかのように言われてるけど

そんなの嘘です。

一人ひとりがずっと抱えてきた痛みが

内側で統合された時に

それが世界を照らす光になって放たれるってことを

知って欲しい。

その光を放って生きることが

本当の幸せなんだって

気づいて欲しい。
===

これを読んだ時に、胸がキュンっと痛くなりました。
私が抱えている痛みが、反応したのかもしれません。

内側で統合。
言葉はなんとなくわかるけれど、
しっくり全身で理解まではいかない現状。
でもちょっとはわかる気がする。
先日遠隔ヒーリングを受け取っている時=瞑想状態にある時に、
外から自分の身体が光りに包まれている状態をイメージし、
次に自分の中から光が放たれているのもイメージした。
身体の中があたたかく、手足も温かく、それらのエネルギーが入ったり、出たり、ということがなんとなくだけど体感できた。

ここに書いてある「光」とそれが同じものかどうかはわからないけれど、
私が、それがここちよく感じ、そうすることを望むならば、
私の周りにはきっと光はあふれているのだろうと思う。

それを受け取れる時も出せる時も、
ちょっと調子が出なくて受け取りにくかったり感じなかったり、
出していることを体感できないこともあってるのかもしれない。
でも、きっとそれは「在る」のだと思う。
その辺は何となくだけど(このフレーズ多すぎるけどw)
納得できるようにはなってきた。

「痛みは自分が光を放つもとになる大切なもの」。
であるならば、それを痛みから違うエネルギーに転換をさせることを、
私の内側はするのだ。
きっとその用意はされつつある。
私がそれをGOしさえすれば、
ボタンはおされるのだろう。
でも怖いんだ。
痛みがあれだけ嫌なくせに、
怖さの方が嫌で、痛みを出すことを選んでしまう。

恐れと向き合っていかないと、
いつまでも怖いままだ。
恐れを頂いたままの私を、受け入れながら、見ながら、
動いていくしかないのだろう。
そうやって少しずつ「大丈夫なわたし」を積み上げていくしかない。

小さな砂山をスコップで積み上げているみたいな気がしているけど、
それは幻想で、その砂は光の粒かもしれない。

決してなくならない、私の中にも、私の外にもある
小さな光の粒。
しあわせの元になる小さな光の粒。

すでに私は、しあわせなんだな。

Happy日記0622

今日は夏至
毎年私は夏至を目標に、冬は過ごしている。
昼間が長いってなんだか嬉しいから。
明るい時間が長いと、気持ちが前向きになるような気がして。

夏の真ん中じゃなくて初夏に夏至ってあるのが不思議。
夏至が終わるとだんだんまた夜が長くなるの?ってナーバスになるw
夏のうちはまだまだ日は長い。
今年は、気持ちだけでもできるだけ明るく過ごすことにします。

もっと私は自分の意志で生きていいのだろうなと思う。
身体に自信がない時は、意志もへったくれもないので、自分をコントロールできない自分が嫌になるし、なかなか認められもしない。
自分にびくびくすると、他人に迷惑をかけるよなと他人の反応も気になりびくびくするようになる。
他人にびくびくするようになると、人の目が余計に気になり、ますますもって自分に自信がなくなってくる。
あんまりいい傾向ではない。
体調が悪い時には、精神がやむのは仕方がないと思う。
だって辛いもん。
でも、だからこそ少しいい時には、もっと思い切って楽しみたい。

とはいえ、正直なところ、「これがしたい!」「これしてればしあわせ!」と思える状態でもないのも事実。だから、少しでも「プチしあわせ」を探してる。凹むことの方が多い日もあるけど(今日はどーんとまたやってしまった)けど、切り替え!といつもより強く思えたので、前よりも良いとする。

「前よりも?」とふと思ったが、その昔の私は元気だった。怖いものがないようなときもあった。そこから落ちて行ったので、そこに戻る?
いやいや、私は進化しているはずなので、戻るというよりはまた違う自分を見るということなのだと思っている。
私の性格として「知らない世界を見たい」というのがある。
海外に行きたいとかいう物理的な移動ではなく(もちろん素敵な景色とかはみてみたいと思うけど)、内面的な世界観の、知らないものをみてみたいのだ。
知らなかったものの、本質の世界を見たい。
その思いだけで生きているようなものだ。

人生の中でいっぱいトラップがあるのは、スムーズに進むと面白くないからだろう。物語としてはトラップや危機があった方が盛り上がる。でも、あまりにもトラップや危機がありすぎると、それを乗り越えてこそと思いすぎるきらいがある。
そうじゃない物語を私は歩みたい。
わ~しあわせ~とか、みんなで一緒にゴールを目指すとか、そういう陳腐なものがあってもいいと思う。
こうじゃなきゃストーリーとしては成り立たないよねというヒーローズジャーニーは、読む物語としてはよいけど、私はその生き方はあえてはしない。
結果的になるのはいい。
でもそのために自己犠牲するのは嫌だ。

美しさは、結果的に作られればいいって思う。
美しいのは好きだから、そうなりたいと思うけど、そのためには地味な不格好な自分を認める必要があるなぁと、今日改めて思った。
ヒーローズジャーニーの主人公たちも、カッコよく美しく生きようとはしていないので、これを引き合いに出すのは間違ってるのかもしれないけどね。
うまくかけなかったな。

「ねばならない」というマインドで生きたくないということを書きたかったのだ。

「ねばならない」と思うような環境を作らないことをしたい。

自分の思い方を変えること、そう思わないで過ごせるような環境にするにはどうしたらいいかを考えること。
自分にとっても他者にとっても、安心安全だと思える場を創りたい。

・給与明細もらった!ありがたい。
・いい香りのお風呂に入れた。うれしい。
・日差しが暑いくらい。汗をかいたけど不快ではなかった。気持ちいい。
・黒糖入りココアが美味しかった。
・ご飯美味しく作れた。満足。
・炭酸水美味しかった。

今日ワークの時にいくつかグループを回って、何人かのシェアがもやっとしている時に「それってこういうことかな?」と言葉をまとめてみたり、どっちの方なのか確認してみたりする言葉をかけた。
反応はそれぞれだったけど、自分の言葉は自分で言葉にし、他者との会話の中で自分の方向が確認できたりするものだ。
グループシェアはそういう期待があるんだけど、機能してないところもあったなぁ。
私的には、こういう場づくりができるのが幸せ。
こういう場でしか気づけないことがあるから。職場でも学校でも、ほんとは定期的にあるといいんだ、こういうのが。
だからLSPって道具を持ち込みたいのよね。ほんとはブロックじゃなくてもいいんだけど、納得感のためにはブロックがよい。


今日のワークで、グループでの評価は得てなかったけど、個人的によかったのがひとつ。
「あなたの人生はあなたに何を期待しているか」という問いに対して、「自分を死ぬまで愛し続ける」と答えた男の子。
あなた幸せになれると思います。というか、なってほしい。


だらだら書いた。
まとめたくなかったので、思いつきな感じ。

最近、ゆっくり思いを書く時間が取れていない。取りたい。
最近、ゆっくりお詣りできていない。(おうちで)したい。
最近、ゆっくり運動ができていない。(おうちで)したい。

時間が必要だなぁ。
時間のやりくりができるようにしてくださいと、毎日のお願いでいうべきか。

単純計算で、睡眠時間を優先してやってると24時間じゃ足りないよね。

明日から朝補習がない期間に突入するので、朝の起床時間が1時間遅くなります。ラッキー!
(その分遅くまで起きてますw)
明日は朝一で役所~。
頭は使わないので、ぼーっとした頭でもいいと思おう。

おやすみなさい。
明日は今日よりもっといい日楽しい日。
土日が使えないので、食料の買い物もしなきゃだ!

 

 

Happy日記0620

・オフと決め込んだ水曜日。
朝6時に起き、息子を起こし、お弁当のご飯を詰め(私が詰めると3色の定番)、お仏壇にお水とお茶をあげ、おさ湯を飲んで体が起きるかな~と期待したけど、だめでした笑
息子が頑張って高校に行くのに、私が寝てもいいのかという呵責があるんだよな。
肉体が違うんだし、私は自分の体力がないのもわかってるはずだし、OK出してるつもりでいてもどこかでNGにしちゃってる。
ご飯をパックに詰めたり、食洗器からお皿を食器棚に戻したりと、寝ぼけ眼で動いては居たけど、息子を見送り、素直に私もベッドに戻り爆睡。
途中所々で起きつつ、昼近くまで寝ていました。はあ、さすがにすっきり。いっぱい寝ると気持ちいい。

昨晩は遅くなり、自分の中ですっきりしないこともあって、お酒をちょっと飲んでうつらうつらしていました。だから何時に寝たかもあまり覚えていない。睡眠アプリを起動させてなかったので。
時間がうまく使えてない。これは私の大きな課題。
「時間を使うことは命を使うこと」。先日講義に来てくれたOさんがいつも言うことを、もっと私は必死に考えないといけんのだろう。
他者評価はすごくよかった昨日だけど、自分の中ではもやもやしていたので、それをすっきりさせたいんだけど、時間に追われるように夜寝る時間になってしまう、あれが嫌。
でも昨晩のようなことは、たまには必要なのだと思っている。
ストレスをお酒に向けるのはなんだけど、お酒を飲んでみようと思って飲める体になったことは喜ばしいもの。
そもそもそんなに残っていないお酒だったので、量も飲んではいない。

ここ数日便秘気味で、だから調子があがってない。
朝早く出ることが増えると、どうしてもトイレのタイミングがずれるから、腸にとってはストレスなのね。
だから私は週に1,2日のおうちにいてだらだらするDayが必要なんだなぁ。

腸が緊張してるのを解き放つために、お薬を再開。
水分も意識して摂ってる。飲みたいものを、になるので、ココアが中心。
あ、今日はコーヒーを飲んでいない。眠さを抑えなくてもいいからか。

途中でミスって消してしまったので、今日はこれでおしまいです。

なんかズレてる。

楽しいこと考えながら寝よう。

明日は今日よりもっといい日。

おやすみなさい🌙

 

Happy日記0619

・朝一MTG
さて、私はどこから頭的に起きているのだろう。
意外とすっきり起きれている気もするのだけど、振り返るとそうでもないような。
福岡の空のような感じだろうか。晴れているけどすっきりではないという。
まあ、気持ちが悪いわけではないので、高望みはやめよう。
そう私は高望みしすぎというか、理想が高いのだと思う。

・久しぶりに卒業生Hちゃんがきてくれた。
体調を悪くした年末からの数か月で、卒業式にも送り出してあげられなかったので、
元気そうな顔を見ることができただけでも、うれしい。
ブランクを感じさせず、逆に社会でブラッシュアップされている感さえ感じさせるのはさすがだ。ポテンシャル高いなぁ。いい子に出会えたものだ。じりじりとあがっていく。あの手の子はなかなか出ない。精神力の強さがうらやましい。

・今日はピラティス&整骨院の日。
MTGの後事後MTG.&うどんを食べに行けたので、今日はピラティススタート。おかげで昼抜きにならずに飢餓感なく過ごせてラッキー。

メンバーさん複数に「今日はすっきりしてますね」「なんか抜けた感じね」といわれる。何が変わったのだろう?
自分じゃいまいちわからないけど、いい感じらしい。
???のまま、いいといわれるので、受け取っておくことにした^^
身体がほぐれてないままのピラティスはちょっと最初のびやかさがないのが難点だなと思ってやっていたけど、先生からいわせると、左肩以外はいいらしい。
さっき言われたすっきりとか抜けたとかいうのと関連しているのかな?
ここ数日、意識してストレッチポールに乗ることを続けているからかなー。
いいと言われるのは嬉しい。

・メンバーのお一人Sさんから、自家製きゅうりをいただく。無農薬。
夏ね~。ありがたい。おいしくいただこう。

整骨院でも、「そこまではわるくないですよ」といわれる。痛いけど。
ここまで言われると、ひどい時期からはほんとにぬけてきたということなんだろうな。
そういえば、薬を飲んだかどうかも忘れる日が多くなってきた。
「元気になったら薬は自然と要らなくなる」というF先生の言うことは正しかったのだな。

・なんだか夏みかんが食べたい。

・晩御飯に作った鶏のカレーピカタがとても美味しかった♡
鶏むね肉の定番になりそう。弁当のおかずにもなるので満足。

・ソフトクリーム食べたい。

・今日の半分、青い。は、地震で放映中止になった分と続けての放送で30分。
録画撮れててよかった。
スズメちゃん、デビュー出来てよかった。ユーコちゃんともども連載決まってよかった。
ネームに行き詰まるふたりが、スピロデザインしながら「ユーメイドリーム」を歌うのが、個人的には一番ツボでした。
あのシーンには、時代感と「夢を追いかける」「好きなことに没頭する」という二人の状態と思いがうまく表現されていると思う。ま、私が好きな感じのものが揃ってるってだけでもあるんですけどね。

・今日はサッカーを見てしまったこともあり、またこの時間。
まあ仕方ない。明日は完全オフ日の予定。

明日は今日よりもっといい日。
おやすみなさい。






Happy日記0618

・今日は朝から「半分、青い。」がない。??と思っていたら阪神地震
驚いた。
報道的に大したことないと思っていたら、後からいろいろ出てきていた。西方沖地震を思い出した。でも今回そこまで心は揺れていないと思う。(感受性の強い私は、あまり報道を見ないようにしている)

・スナックあいり@福岡で、あいりさんひとりじめ。
滅多にない機会だったので、あまり人に言えないナイーブに心に秘めた話を少し開示してきいていただきました。
だからなにがどうなるわけでもないけれど。
でも、そこまで頑張れた私を褒めてくださって、私は褒められてびっくり。
それが「できたこと」だとはおもっていなかった。受け止めてもらえたとも思っていなかったし。第三者に聞いてもらうことの価値、あるなぁと思った。
もっといろんなことをしゃべって30分以上超過の上、ランチまで行った私たち。
何を話して何を感じたかは、もっとじっくり振り返りますが、はっとしたこと、あとおしされたこと、いいねってされたこといっぱいあって。

いかさなくっちゃ~。

・帰ったら眠くて爆睡。
起きたら汗が噴き出てた。眠り自体は薄かったと思うけど。
ちょっとでも寝れるとすっきり。

・お風呂気持ちよかった。タンジェリンの香り。もっと入れてもよかったほど。

・炭酸水をがばがば飲む。
どうしちゃったんだろう、私の身体。冷えてなかったら問題ない。
欲しいものを入れるのはいいことなんだろうから見守っておく。

明日も今日よりもっといい日に。
おやすみなさい。