ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

Happy日記0718

小波中波が来る日。

それでも昨日よりはいいと思い、気分を変えたり動いたりしてみる。

で、食欲が出ないので早めに薬を飲んでみた。

食欲出て気分がすっきりする。

素晴らしい!

その勢いで母のところへ行った。

 

午後また波が上がったり下がったり。

でもずっとではない。

静観する余裕が今日はあった。

薬を飲まなくても落ち着く時もある。

それがあるとわかっただけでも、希望が持てる。

私だってやれるんだ。

したいことやりたいことありたい未来描いていいんだ。

そう思えるだけでも嬉しいし、ありがたい。

 

会話不足を痛感した今日。

半分引きこもってるからなぁ。

けらけら笑いながら話したい。

娘にスタンプ送ってもらって笑ったくらいだなぁ。←意外とじわじわ来る。

 

明日はもっといい日。おやすみなさい。

母の行き先問題。状況は動くのか?

母の次の行き先にと、申し込んでいた特養から、空きが出たという連絡があった。
私的には、まさか、だった。
ピークの時よりは減りましたよという話は聞いていたけれど、(ちなみにピーク時は100人待ちだったらしい)
5月に申し込んで、1ケ月に1回の待機者スクリーニングで、お声がかかるとは!びっくり。

現在の老健は3ケ月を過ぎたので、施設としては期間満了で、次が決まればいつでもOKという状況だ。
しかし、まだ手放しで行きまーすとは言えない状態。
(一応、お願いしますとは言った)

というのも、特養は要介護3じゃないといけない。
母の介護証は要介護3.
2月時点ではまさにそうだった。
が、しかし、そろそろ認定審査の時期。日程も7月の後半に決めた。
現状の母は要介護度は下がるだろうな~、その元気さじゃ。というくらい元気になった。
この前に話がくればね~と施設の方と話をしていたのだけど、
そのベストなタイミングでやってきたこの話。
うまくいけばほんとベスト。(これ私と母が呼び寄せたと、実は思っているw)
今日再度施設の方とお話ししたが、順調に行けば7月後半には施設移動の可能性もあるという。

今日、母のところに夏物の洋服を持って行った。
施設は空調万全なので、結構長袖の人も多いのだけど、
さすがにこの暑さだしと思い、半袖の夏らしい洋服やパジャマを出して持って行った。
スタッフさんと杖で施設内を歩いてのリハビリ中で、身体の調子はよさそうだった。
会話の感じがいまいちなのは、補聴器の調子がいまいちなせいか?
そこを見極める時間が、今日はなかった。

この話、私には関与の余地がない。他者の話だ。
とはいえ、その状況によっては私が大いに頑張らないといけない状況がやってくる。
というか、必ずそれはいつかやってくる。


この施設が気に入っている母に、新しいところに行くということを告げなくてはならない。
もうあの家には戻れないことを告げ、さとらせなくてはならない。


うう、重い。けど、いつかは話さなきゃいけない。
施設の方が頼り。


話しとしては、状況としてはめっちゃラッキーな話なんだけど、
一人で背負うには、重いのでした。
なんにしても、一人はしんどいってだけかな。
前よりはいいか。



Happy日記0717

・今、おなかが痛くなくなって、ものすごく幸せな気分。
お薬が効いた~~。うれしいよ~。楽しいよ~。
身体に痛さや辛さがないって、なんて素晴らしいんだろう。
しんどさに同調しちゃだめと、痛い時も頑張ってるけど、
そういう時には、未来のこともやりたいことも楽しいことも考えたり感じたりができないから、リラックスできるこの状態が嬉しい。

無意識がものすごく抵抗してるだろうことは、よくわかる。
自律神経も過敏に働かせているんだろう。
ここまで私を痛めつけてまで、何を訴えたいんだろう?
変わりたくないのはわかる。
どうしてあげればいいのだろう。

私の未来に足を向けるには、今までのようなやり方じゃないやり方をしたいの。
身体に緊張を作らないで、安心して緩めたいの。

ここまで楽になると、これまでお薬のまず我慢してきた期間はなんだったんだと思ってしまう。


・きいろちゃんを毎日抱きしめることにした。
本人とコンタクトが取れるかどうかは別として。
昨日は、右隣に居たので、「ハグしていい?」と聞いて
ハグした。
ポンポンしながら。ぎゅーっとしていた。
多分私の方が癒されている。

・本当に楽で機嫌のいい状態になると、
きっとそのことすら普通になってしまうんじゃないかな。
そういう状態になりたいな。
さて、そういう状態になったら、私はなにをしたいんだろうか?
どんな風に生きたいと思うのだろうか?

今の私は、その前の「機嫌がいい」「からだの調子がいい」状態までしか想像できなくなっている。
「みんなが自己を肯定して、自分はここに居ていいんだと思える場、素直に自分を認めて安心できる場を創りたい」ってのは変わらないけど、なかなかここまで自分が行けてない。自分が行きたいから設定しているのだけどね。みんなで行きたいから。

整骨院ピラティス
お腹の微妙な不具合を抱えていたのですっきりはしなかったけど、
身体を動かしたり調整したりするのは、気持ちがいい。痛きもちいい笑

行きのバスもぴったり来た。
帰りのスーパーでも買いたいものがぴしゃりと目の前にあった。次のドラッグストアでも。ラッキーで嬉しい。
心にこう決めたものがあると、まっすぐにそこに行けるって感覚を久しぶりに味わった。
身体はぞわぞわと反応する。
「こっちだ!この感覚だ!」って気持ちよーく体にインプットできるといいのだけど、抵抗感ががんばってくる。知らないふりしているけど。
ワーッと体が熱くなるけど、冷え性の私にはそのくらいは気持ちがいい、くらいに思っている。
この辺誰かわかる人に読み解いてもらいたいなぁ。

明日は今日よりももっといい日。
おやすみなさい。



Happy日記0716

・久しぶりにお風呂が大変気持ちよかった。
ちょっとだけ何も考えない時間が多かったかな。
温度がよかったのかもしれない。

・晩ご飯作れた!食べれた!
朝食欲なく昼腹痛で食べるどころではなく、だったので、嬉しい。ほっとした。

・寝れるしあわせ。
お腹が痛くても、うとうとして30分くらい寝る、起きる、しばらくノート見ながらまた寝るの繰り返し。頭がもう受け付けないのかな。変化の時には眠くなることが多いらしいけど、それなのかもしれないと思った。脳疲労でもあるような。
今日はほとんどの時間ベッドで過ごした。パーソナルスペースなので、自由感を感じる。

・暑いので、部屋にはクーラーが入っている。私は身体が冷える時が多くて、クーラーの部屋に居れないことが多いので、ベッドの部屋が私の部屋になる。夫がベッドの部屋で仮眠する時には、机の部屋のクーラーを消してPC前に座る。というすれ違い夫婦笑
でもこればかりは仕方がない。夫は体質的に冷やさないとダメだし、私はあたためないとだめ。それでも生きていられることには感謝なのだよな。

・「お腹痛いので昼ごはん作れないのでどうにかお願い」と夫にお願いしたら、一時「雑炊作る?うどん?」といってたが私が「食べれるとしたら雑炊だけど量入らない」といって寝込んでいると、しばらくして物音がしなくなる。息子もいない。
買い出しに行ったか食べに行ったか。後者だろうなと思いつつ、少し楽になったので、パンと黒糖ココアを食した。
そしたら帰ってきて「昼ごはん食べた?」と聞く。目の前に食べてる人がいるんですけどw
「そちらは昼食べたの?何も言わないでいなくなったからどうするのかなと思っていた」というと「食べたよ。そのために行ったもん」という。
一言いえばいいのにね~。
そしたら、プリンでもお願いしたのになぁ。と書くと無性にプリンが食べたくなった。
快復しているということですね。よかったよかった。

お腹も問題では本当はないんだろう。
ストレスで自律神経とかストレスホルモンが暴走してそう。
今は脳がパンパン。きいろちゃんとのことだけ考えてみよう。
私の一番の人間関係の問題はここにある。

息子のカルピスをちょっと拝借して飲んで寝ます。

今日は母のところに行きたかったけど、そんな余裕はなかった。残念。
毎日毎日身体に聞いて、動きを決める。
仕事生活に戻りにくいけど、身体あっての人生なので、強制終了かかったら仕方ないよね。

といえるのも、身体の調子が少し落ち着いているから。

落ち着いてるので薬飲まずにねてみます。
明日は今日よりもっといい日。おやすみなさい。

幼い頃からのひと付き合いの仕方の型がそれだったから

とも子先生のメルマガへの返信。
こうして「書く」場があることはありがたい。
気持ちがぐちゃぐちゃでも、一旦言葉という形にすると、
少し整理ができる。

幼い頃から、駆け引きような好意しか受け取れなかったひとは
大人になってからも、他人からの無条件の好意が信じられません。
 
これ、とても心当たりがあり、
無条件の好意を示す人に、「何の根拠があって?」と詰め寄ったこともあります(苦笑)
今になってみると、素直にそうかと受け取ればよかったと思うのですが、
きっと幼い頃から愛されるには条件が必要だと思い込んでいたと思われる私には、
今はやっとそういうこともわかってきましたが、
それでも手放しで、誰かの言葉を素直に受け取って、愛として自分の中に入れるということが、
できるのかどうか?疑問です。
というくらいこじらせています。
これ以上傷つかないようにとバリアを張っている、
そのバリアをゆるめることからやっている感触です。

ここで、間違えたらいけないのは
「自分はいかに小さい人間なのか」と自分を責めないことです。
これはまったく自分にとって、逆効果になると私は思います。
なぜなら、前述したとおり、人がそのように弱点を持ったのには
「幼い頃からのひと付き合いの仕方の型がそれだったから」
そこを抜かして、解決はできないからです。
自分が小さい人間だから、ではないのです。
自分が悪いから、ではないのです。

 この言葉には、とても救われた思いがしました。

例えば私は過敏性腸症候群を持っているので、おなかを痛めたりします。
私自身がセンシティブすぎて、気候や天候の変化、災害のひどさに必要以上に影響を受けることも多いのですが、
それらによって引き出された不調に、「また私が症状を作っている」という悲嘆を載せてしまうことが、往々にしてあります。

私がセンシティブなのは、もともとの性質もありますし、
おそらく幼少の時の状況が 「幼い頃からのひと付き合いの仕方の型がそれだったから」 だったからだと思います。

母が忙しそう、迷惑かけちゃいけないという思いを抱き、
構ってほしいのに構ってほしいと言えずな幼少時代。
身体の弱かった私はすぐ体調不良を起こすので、そのたびに「また?」といわれることや、
母親の仕事をストップさせてしまうことで、「私はダメな奴だ」とレッテルを自分に貼ってしまう。
その繰り返しでした。
思えばその頃からストレス満載だったのでしょう。
その点で全く変わっていない、というか、
そういうやり方でしか人と付き合っていけなかったのかもしれません。
私と付き合えば、私の身体がすぐこうなることは誰もが知っています。
それが弱点だと思っていました。

これがあるから自分は悪い、ダメだと思っていました。

この頃自分をみつめるようになってから、「敏感なあなたは素晴らしい存在なんですよ」とある方に言われ、
そういう本も何冊も読みました。以前よりは受け入れられるようになりましたが、
この体でいいことあったかなぁ?というのがいまいちわからないんですよね。
あえて言うなら、他者の痛みがわかるということでしょうか。
困っている子はいないかなというのはかなり気を配っているので、
仕事上では、場がうまく回るように配慮することは得意といえます。

話は戻ります。
身体が弱い自分、センシティブな自分=悪い、ダメだ、価値がない
を当時はそうだったけど、今はそうじゃない、環境が違うよねという話はわかります。
けど、その延長線上でずっと生きてきているので、
じゃあどんな風に変えればいいの?ってのが、つかめずにいます。
身体が弱い自分、センシティブな自分を認める諦める素晴らしいと思う、
ってのは、
=悪い、ダメだ、価値がない よりも、私には乖離を感じてしまうのです。

悪かったら我慢するという罰を自分に与えることで、
バランスを取ってきたのかもなと思います。

自分の中の折り合いのつけ方を、
ポジティブでもっと気持ちが楽で納得がいき、
自分が幸せになるような方向に向けるには、

「そんなことないよ」「自分を痛めつけてごめんね」「よく頑張ってきたね」「素晴らしいよ」「価値あるよ」「大丈夫だよ」って言ってあげる、
自分を育てる声かけを、根気強くするしかないのかなと思うようになってきました。
体調が悪い時には腐れかけますが、それでもよく頑張っていると思います。
私の性格自体がちゃぶ台をひっくり返すようなところがあるので、
そこは歯を食いしばって、コツコツやってます。
(ホントは歯を食いしばっちゃいけない気がします。現実的に歯を食いしばりすぎて顎関節症っぽいですし、歯やあごが痛いです(><)
が、ここで投げ出しては元も子もないので、そこは頑張ってます。

人からいくら言われてもダメなんですよね。
自分が自分でやって納得しないと。
まさに育自だなと思っています。
子どもたちがお腹にいた頃に、話しかけていたことを思い出しながら、よしよしとやっています。

思いきって捨ててしまいたいものは、自己卑下をする自分、 勝手に罪悪感を持つ私です。
それこそ根拠はないのだから、そっくり捨ててしまいたい。
自分の中の5歳児よりも小さな未熟児の自分に、もっと大丈夫安心していいよっていってあげたいと
本当に思います。
かわいそうなことをしてきました。
そのことをわかってあげられるのは、私だけだよなぁって思います。

Happy日記0714

・昨日今日はBOOCS達成。まあやってみている。
禁止を禁止。
朝固形じゃない食事。昼おにぎり。晩は好きなものを心ゆ行くまで食べるという一日1快食。
無理はしない。食べたいものは食べる。
久しぶりにアイスも食べた。好みのチョココーティングナッツ入りのアイスで、美味しかった。
私はこういうソフト系のやつが好き。小さめなのもよかった。

・学生とのMTGに。土曜日のMTGで気にするのは冷房。今日は寒くないポケットをみつけたので、そこにすっぽり収まっていた^^
午後からは珈琲で暖を取って、少し動いてみた。

この手のMTGは長年やってきたけど、毎回いろんな発見や気づきがあって面白い。
私自身ああそうかと改めて納得するものもあって、この場に参加できていることをとてもありがたく嬉しく思った今日だった。

無意識があの手この手で変化を食い止めようとしてきている感あり。
相当な恐れがあるらしい。
今日はちょっとだけ流されそうに渦に巻かれそうになったけど、
今は俯瞰できている。なにをどうすればというのはわからないのだけど、自分が悪いわけではない。自分を罰するために痛みや恐れがきているのではない、ということだけははっきり頭に置いておくと、渦に飲まれない(確率が低くなる)。
そういうことがわかってきただけでも、いい感じになってきていると思う。

お薬飲もうかと準備までしたけど、ポールに乗ってストレッチして、仏壇にまいってろうそくの火を眺めてってしたら、随分おちつく。
その時の自分に合わせてできることをやればいい。
おなかはそこまで問題ではなさそう。
それよりも私は意外とリラックスができないので、これが問題だ。
いろいろやり過ぎちゃうんだよね。頭で考えてたら絶対リラックスなんてできない。
ってのが、今日ほんとにわかった。

薬はひとまずペンディングとして、寝てみようと思う。
明日は5時起き。
山笠じゃないよ。息子の試合だよ。
山笠中継をテレビで見ながら、送り出すか。

おやすみなさい。
明日は今日よりもっといい日。






Happy日記0713

・今日は各所でいろいろ書いたので、なんかここで書くことがない。

・今日は人を変える無意識の動画を見たので、
一旦まとめようと思うけど時間がある時に。
まあいつも言われることだけど自分の欲求を重ねる(絡める、と動画では言われていた)こと。
打算的だと思われることでOK.綺麗なことじゃなくていい。ってのがあった。

私たちの思いは、書けない言えないようなどす黒かったりエゴ的なものも多いけど、
一旦自分の中のそういうモノもしっかり見ないといかんよなと思う。本音ね。
無意識が思ってることに引っ張られていることって、めっちゃ多そう。
そこに問題がありそうな気がここ数日してる。
動画を見て、ちょっと安心した部分もある。

そういうのもあって、今日は変化の多い日。
頭も疲れ気味。
「脳を休める技術」という本をちらちら読んでいる。
(まだなかなか本題に入れてない)

・今日は、どうも暑かったようだ。
汗がぽたぽた落ちた。でも暑くてたまらんというのはない。

半分、青い。のツイートをしたら、脚本家の北川悦史子さんご本人からレスをいただいた。私の疑問に直接お答えしてもらって、すっきり。
ありがたいわ~。SNSってこういうこともあるのね。私は初めてなので、嬉しいわ~。

明日は今日よりもっといい日。
おやすみなさい。