ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

信頼されないことを恐れない。

病気になると、気弱な自分が全開になる。

きつさが目の前にあるから、どうにかそれを取り除きたいと、気持ちも、エネルギーもそっちに行ってしまう。


先日ノートに書いてた「しんどさに同調しない」って言葉。まさに同調しまくりな現在(感冒性胃腸炎中)。

腹式呼吸をやめて(胃腸動かすとしんどい)でもいっぱい呼吸してみる。すると気持ちがすっきりする。ちょっとの瞬間だけど。


で、今日書きたいのは、信頼されないことを恐れない、だ。


病気になると、いろんな予定が狂う。

私の場合、症状が激しく出やすいので、かつ痛みに耐えるメンタルが弱くなってるので、日常生活が送りにくい。

結果、予定をキャンセルすることになる。

自分だけの予定ならどうにでもなるけれど、約束ごとは取りやめかリスケとなる。


一般的な日本社会においては、約束を守れない奴はクズだ。

私はそういう世代に生きてきて、その空気感を身に沁みて感じてきた。

病気になる度に、また子どもが病気になり仕事を休まざるを得ない度に、「大丈夫ですよ。お大事に」という言葉の裏に「こいつまただよ。使えない」という声を聞くような気がして、身震いする。

ということは、私が他者に対してそういう判断をしているからなのだろう。

んー。半分そうで半分そうじゃない。

ベストは予定通りだ。それでいろんな予定がまた組まれていく。でも、予定通りにいかないのが人生で社会で、病気だけじゃないけど想定外はいくらでも起こる。

それを調整できる人とそうでない人、調整できる場合とそうでない場合があるだけだ。と思うんだ。

なのに、仕事では、スケジュールを仕事第一にシフトしない人はできない人という烙印を押される。最近でこそ、子育て中介護中は融通もできる場合も出てきたが、制度よりも人の目の方が怖い。


長々書くのは、私がこれに苦しんできたからだ。

評価されたいというよりは、それをどうしようもない状態である人もいるんだと認めて欲しいのだ。

生きているだけでも価値がある。

存在してるだけでいいんだよ。

人としてはそう言ってくれる人が、仕事となると見る目が変わる。


そういうめのこともわかっているので(子どもの病気が続き、リストラ3回されましたからね)どうにか周りに面倒かけたくなくて迷惑かけたくなくて、私は自分に鞭打って頑張る。すると私が逆にダウンする。

逆効果だ。無駄な時間とエネルギー。


ダウンするということは、黄色ちゃん(私のインナーチャイルド)がシグナルを出してブレーキかけてくれてるのかもしれない。今気づいたけど、これくらいで済ませてもらってるのかもしれないな。


私には、私を裏切らない大事な私がこの身に居る。

だから、もういいんだ。

自分の身が動かないのに、他者との約束や期待を優先しなくていい。他者に期待されていると思う方がどうにかしてるのかもしれないのだよね。

社会がどうであれ、人との信頼がどうであれ、私にしかできない事業は、自分の身と心とのエンゲージメントだ。


私がそれを切実に欲していたように、私はもう予定調和じゃない自分に罪悪感は持たない。予定調和でも調和しなくてもいいんだ。

苦しいのは嫌だけど(ここが甘い?)。


苦しくても苦しくなくてもいいとなるといいなぁ。これ目標。

私は私を信頼する。

そのために犠牲になるのはもう嫌。自分の身は捧げない。逃げる。


信頼って何だ?人間的に信頼はされないのか?

私には勝手に信頼して居る人がいるけど、その人が私を裏切ってもいいやと思える日が来るといい。

裏切られるかもとか信頼失うかもって心配して、約束しないことを選ばない。

約束は自分の望むものに限り、これからもしていくつもり。縮こまりたくない。


他者からの信頼を捨てることを恐れずに、これからも生きて行こう。

f:id:miww55:20171218164741j:plain








こうでもしなきゃ

と、私の中の私は思ってるのだろうか。

自分の方を向いてほしい。

私は、そう思っている。
怒っている、私に。

なんでいつもこうなの?
私ばっかり。
くるしいよう。
やりたいことできないじゃん。
きついよう。
さびしいよう。
つらいよう。
誰か来て。
助けて。
寒い。


なんで他の人ばかりみるの?
なんで人のためばっかりやるの?
私を見て。
私の方をむいてよ。

===

ごめんね。

一緒にやりたかったんだよ。
私は、私を救うことだと信じていることを仕事にしてるから、
一緒にやって、一緒に達成感を味わいたかったんだよ。
一緒に救われると思っていたんだよね。

でも、あなたはそれを望んでいないんだね。

何が望み?
私はなにをすればいい?

私もあなたに同調しちゃったら、助けが来なくなっちゃう。
私があなたを救わなきゃ、私も救われない。

私は、今他の人を見るのをやめたよ。
残念だけど、あきらめた。
使えない奴だと思われるかもしれない。
代わりはいない。
だから中止にした。

他者からの信用は失われたかもしれない。
でも、私は私からの信用を得ることを選んだんだ。

そう踏み切るまでには、ちょっとだけ時間がかかった。
勇気が要った。
勇気というより、躊躇した。
だってやりたかったから。
やったら乗り越えられるかなと思ったから。

今、黄色ちゃんが穏やかだ。
私の懐ですやすや眠る黄色ちゃん。今は私のところに居る。
起きたらまた怖くなって押し入れの中に入っちゃうかもしれないけどね。
そこに居るのがわかったから、
後はあまのうずめさまのように舞ったり楽しいことをみせて、
連れ出すしかないかなあ。

ここは私の男性性が問われるところだな。
母性も必要そうだな。

はあ、でも疲れたよ。一気に駆け抜けようと思ったけど、
黄色ちゃんのストップは容赦なかった。荒療治・・・

誰か~大人の私を慰めて~。



自分を大切にする、自分ってなに?

好きなことをしている。
自分の心が躍り、これって世の中にも絶対必要だよねと思うこと。
自分もそれで救われると思うこと。

でも、ここのところ、そのセッションを回している途中でも、
体調が悪くなる。

すーっと冷えてくるというか。

集中しているはずなのに。
心からワクワクすることなのに。

私の中の私はそれを許さないの?

自分の身体だけを大切にしろってことなの?

よくわからないよ。


サマンサちゃん到来。

楽しみかつ私が一番大切にしているお仕事がこの週末2デイズ。
そして、その初日に、またサマンサちゃんがやってきた。
またなんでこんな時に。。。

黄色ちゃんが呼んだのか。
私が仕事でコンを詰めると、呼ばないのに来てまとわりついてくる。
おかげでかデトックス
でもとにかく冷える。そう、この冷えを「サマンサちゃん」という。
エルサみたいな子ね。

この子が来ると私がギューッと不安になる。
病原菌やウイルスを(おなじ?)体に引き受けてしまうからだ。低体温な状態は、外部要因から身を守れない。
私の中の火を燃やすには、黄色ちゃんの力と私の筋肉や体が燃えてくれないといけないのだけど、間に合わない。
カイロをひたすら貼る。下肢を動かす。

サマンサちゃん、ほんとよくきたね。すごいね。よく頑張ってる。
でもね、私はもうあなたは必要ないの。自分を大切にするって決めてるの。

黄色ちゃん、今も私の心が喜ぶことをやっているよ。そして今日はもう寝るの。体はしっかりやすまるから、心配しないで。明日はまた元気になる。

そういうアファメーション
さ、もう11時過ぎた。寝なくては。
今湯たんぽを直火で暖め過ぎて、冷まし中。

私には嬉しいキセキしか起こらない。
アンジェリカの守護のオイルを塗って、
寝るのだ~。おやすみなさい。

明日は大学生版書くPレゴシリアスプレイversion~!
やるぞー!

 

孤独感はこうやって消えて行った

私が不眠を自覚し始めたのは、12、3年前だろうか。
転職したNPOでいろんなことを任せてもらい、私もやる気満々でいたころ、
母を福岡に呼び寄せたり、夫の病気・手術があって、、、
あら、今と同じメンツのことに向き合ってるわけね。書き出すとこういうこともわかってくるので、やっぱり書くということは大事だなぁ。。私の思考の流れをさらしているだけの今文章ですが、まあそういうことが12.3年前にあって、その頃から「眠れない」というより「深夜までPCの前に居て目がさえている」という状態が出てきていました。
当時娘が8.9歳、息子4.5歳。まだまだ手がかかるし、母にも気を使い、夫は入院しているためこどものことも全部自分で背負っていて。
夜は夜で家事して寝かしつけてからのゆっくりした時間が取れるのが10時以降で、PC前に座れば仕事しちゃう。「仕事としてのやることが多い」というのが一番ではあったのですが、そもそも仕事は嫌いじゃなく、私のやりたいの一部であったので、余計にやってしまう。酒を飲みながらwたまに友だちとチャットをしながら。
気づけば2時3時で、眠気が来たところで布団に入る。翌朝は7時に起きて、だとまあ不調にもなるよね、と今だから思うけど、睡眠時間を削るしか私の生活を回すことができなかった当時。
頼れるかなと思っていた母にも、気を遣ってしまったのが問題だったかなぁ。

身体の不調は割とすぐにきて、持たせることができなくなった。
知り合いのご紹介で講演を聞いた先生のところに直談判し、診ていただくようになって11年くらいか。導入剤でどうにか眠りに入ることはできるようになった。
月1で受診できるので、自分の体調を診てもらえる安心感は持てた。だが、生活を見直すことはなかなかできなかった。
前述のように、私を取り巻く外部環境は、私を自由にしなかったし、私自身もそれらをどうすることもできず、結局私は私の身体を犠牲に日々の生活をこなしていくしかないという選択をしていた。

なので、いい時はいいが悪い時はどうしようもない。
気力で行けるなら行くが、気力ではどうしようもないくらい身体が悪化していった。
1年ほどで気力も使い果たした私は、仕事をやめる決断をした。
母は当時その事務所の一室を借りて住んでいたが、転居をしてもらった。
それが終わった後、私は口から喉に大量のヘルペスができ、しゃべることも水を飲むこともできない状態に陥った。入院したが、3日で収まるという薬が効かない。結局10日もかかってしまった。

身体を痛めつけているのは自分だ。
外的要因が直接原因ではあるけれど、外的要因の解決を自分が負う選択をしてしまって、結果自分の身を壊した、その負いは私にある。
でも今考えても、じゃあどんな解決方法があったのか、正直わからない。誰にどんな風に助けを求めればよかったのだろう。
逃げればよかったのか?
逃げれば今度は罪悪感が産まれることはわかっている。

そんなこんなみたいなことを、何度か繰り返し、
今回もまた体に来た。
今度は、人に頼った。
その人は私のメンタルを支えてくれた。
私はとても苦しかったが、何度も繰り返しているこの体の不調の原因をどうにか突き止めたくて、どうにか解消したくて、私の魂は何をしたいと思っているのかを教えてほしいとすがった。
彼女は、身体のために今やるべきことを教えてくれ、「あなたは悪くない」「大丈夫」と言い続けてくれ、話の中で、私の中のインナーチャイルドの存在を浮かび上がらせてくれた。
私は自分の中にいる小さな自分のことには薄々感じていたが、それがどんな存在で自分とどう分離しているのかがわかってなく、「今居る自分」は何もできない、、ととても孤独感を感じていた。
彼女からその小さな子のことを聞き、「ああ、私は知っていた。」と思い出し、彼女に「黄色ちゃん」という名前を付けた。すると「黄色ちゃん」は初めて意思表示をしてくれた。私の中にそこはかとない喜びがじわーっと湧いてきたのだ。
孤独感は一気に消えた。

私は仕事で、学生に志をみつけることを強く推奨している。生きていくうえで自分がこんな生き方をしたい、こんな社会にしたいと望むこと、自分の中にある自分らしい価値観を大切にしながら、自分のよりどころになる思いを持って生きることは、自分を孤独にしない、自分の中から生きていくエネルギーを出していく大切なポイントだ。
私にも未来のビジョンがあり、志がある。
私は頑張る人が無碍に扱われない、頑張りが認められる世の中が希望だ。そんな世の中に自分がしていきたいし、そうなるべきだと信じている。そうなれば今行きづらいと感じている子がどれだけ救われるかと思っている。
そのために私は、今の仕事をやっている。
私が望む世の中にするためには、みんなに(特にこどもたちに)自己肯定感を持たせることが一番のベースだ。
自分を知り、自分を愛で、自分は大丈夫だと信じるものが自分の中にあれば、安心して人は何かにチャレンジしたり、踏み出すことができるものだ。
根拠はなくてもいい。自分で信じることができればいいのだ。ただそれを言語化して自分の中に出して整理することで、他者とそれらを語ることで、自分では知りえなかった未知の自分が発見されることがあるので、まずは自分を知る、そして自分を開示する、人からのフィードバックをもらう、自分もフィードバックするという他者とのやり取りを繰り返す中で、未知の自分がひょっこり顔を出すのだ。

私の黄色ちゃんとの出会いや知らなかった自分を知り、一歩踏み出しつつある未知の自分との出会いがはじまってきた感がある。
私がやっている仕事を、自分の心身で再度確認している感。これはこの上ない喜びだ。

志を幾度か考えていた18歳の頃、32歳の頃、41歳の頃、そして51歳の今。志は変わっていないけど、「自分を大切にしたうえで」と、「自分自身を大切にすること」が私の優先順位の1つめになったのが大きな変化だ。
他者のためは自分を奮い立たせるにはいいが、自分がおざなりになりがちだ。自分の身を後回しにしたら、その段階で自分軸が他人軸に変化する。
私はつい先日までこれに気づかなかった。
他人のことを捨てても自分を取る。これをしなければ私は生きていけない。
生きちゃいけないのだ。他者を優先する生き方は、自分を殺す。自分を守れるのは自分しかいないのだ。やっとこの決心がついた。
それまで私を支えていたのは正義感と責任感だったが、このふたつが実は自分を守る上では障害になっていたことに気づいた。U理論的^^

話がちょっとそれてしまったけど、志を立てると自分の中からパワーが出てくる。
孤独感を感じる暇がないくらい、自分は大丈夫と思える。
が、人はいろんな外部要因の中で生きているので、他者評価をとても気にしてしまうことが多い。他者評価で自分を測るようになってしまうと私のように外部要因につぶされる。共感力の高い人は要注意だ。人の気持ちがわかるがゆえに、外部要因を尊重したくなる。で、自分がおざなりになりがち。。。

今私は黄色ちゃんを認識することで、孤独感が消えた。
不思議なことだが、自分は一人じゃないと思えると安心感を感じるものだ。
そういえば、娘を産んだ瞬間もそう感じたなぁ。


※不眠からの罪悪感が消えた話に着地する予定が、こっちの話になってしまった。
罪悪感が消えた話はまた次回書きます。


 

21日まいり、達成!

f:id:miww55:20171203175436j:plain

「21日まいり」の21日目を今日終えました!
氏神さまの平尾八幡宮・平尾天満宮・山之神社、福徳延命地蔵菩薩へのおまいり。

やってみようと思ったのは、 松本 育子 (Ikuko Matsumoto)さんのこの記事を読んでから。
https://ameblo.jp/ikuko-love-joy/entry-12327414642.html…

9月10月と続けて病をこじらせたことで、
改めて自分の身体を大切にすることをおろそかにしていた自分を非常に反省したこの秋。
夫や母親の病気を間近に見続けたことも、「生」を、「いかに生きるか」を、
真剣に自分に問うきっかけになったわけで。

それまでもとにかく必死に生きてきたけれど、
ここんところ自分の指向がかなりネガティブになっていることにも気づいたので、
自分を大切にし、本来私がやりたい志向に変える(戻す)「書き換え」を行ない中。

不安や恐れはちょっとした隙間をついてやってくるけど、
毎日参りながら「またこんなの来ました~」「めっちゃ不安です、でも」と
泣きついたりしながら、とにかく毎日通いました。

母の手術も息子の手術も夫の病気もあった21日間。

最初は21日なんて私には無理だと思っていました。
でも、どこかで自分ならやれると思う自分もいて。
ただ一番怖いのは、やはり自分自身の体調でした。

だから「とにかく毎日、いけるだけ」と自分に言い聞かせ、
外に用事がなくても、とにかく着替えて行くことを自分に課して。
(実はおうちが大好きなのでw、用事がなければ籠るタイプなわたし~)

お参りに行けば5000歩くらいは歩きます。
母の病院まで往復すれば10000歩。
母の病院には3日に1日程度にしましたが、お参りはとにかくどうにか毎日。

最初の1週間は、堀江さんのプチ夜断食と一緒に開始し、
身体への具体的なアプローチもやりつつでした(これはその後とても調子がよい♪)

何が変わったわけでも何でもないけれど、
途中から、お参りの時にふと肚に力を入れることが体感的にわかってきました。
毎日毎日、とにかく自分なりに筋肉をつける、呼吸をするトレーニングをしていたのですが、
呼吸の仕方も、あれこれあってわかんなくなっていたのが、
使い分けができるようになってきて。

地道だし、これでいいのかもさっぱりわからないけど、
なんだか自分の身体に向き合うことと、
神仏に向き合うことはとても似ているなと感じています。
そしてどっちも必要。

願いは、シンプルになっていきました。
とにかく私は体温をあげたいんだ、免疫力を上げて、
ウイルスや細菌がちょっと入っても焼き尽くすんだ。と。

そういえば、私はそんな炎を自分のなかに昔持っていたことを思い出して。
この炎が強すぎるあまり、他の人をやけどさせるかもしれないと、
いつしか自分で押さえつけてしまっていたことを思い出したのでした。

f:id:miww55:20171203175518j:plain

今の私の身体はそんな炎が燃える力もないくらい落ちてしまっているけど、
これを立てなおすためにあれこれ始めているのです。
この努力の方向性が間違っているならば教えてください。
この努力が正しければ、その成果が出ますように。

願い自体はシンプルだけど、ごちゃごちゃは言ってます。
神様仏様わかりにくいかなぁ。。。
私自身がすっきりするために行ってるようなものなので、
こんな祈り方しかできないのも私らしいのかなと思いつつ引いたおみくじ。

f:id:miww55:20171203175319j:plain

おみくじ



==
己の心の暗さ、その上この世の暗さだが、これもほんのしばらくの事。
やがて月が登ってくるだろう。世の中好い事ばかりもないが悪いことも長くは続かない。善い行いをすれば善い結果を産み、家が大いに栄えること間違いなし。
===
願望は、喜びを持って叶えらる で
病気は快復早し
だよ♪

とにかく頑張った自分を今日は褒めちぎる日~♪

前よりも、かなり前向きw

切実なこと~あったかい体に!

八幡さんとお地蔵さん詣りをして20日目!
偉いぞ私!
目標は21日。なので明日で一旦終了の予定。
毎日毎日を丁寧に、一歩一歩来た。
21日は大きな目標で、続けられなくてもいい。でも日々頑張ろうと続けてきた。
せっかくここまで来たから、明日まで頑張りぬきたいぞ~。

毎日の祈りの中で、もう叫びのようになってきた思いがある。
「体温上げたい。免疫力アップしたい。体温上げて私にウイルスや細菌が入っても焼き尽くしたい!外的要因に振り回されない私の身体になりたーい!」

もう、ほんとに叫びである。
お地蔵様にはもう、「うう、お願いです」みたいなモードでお願いしてる。

だってもう辛いんだもん。いやなんだもん。寒いの。
「ちょっと寒いけど気持ちがあれば大丈夫。楽しもう!」位の軽さで生きていきたい~!
今は、毎日が超重い。この低体温では少しでもウイルスや細菌が入ると重症化してしまうの間違いなしだから、とにかく武装とうがい、手洗いの予防に毎日の運動や体操が欠かせない。でも本当は何もしなくてもいい体になりたい。今は次期早尚みたいだから、必死。でもこれが重すぎて辛い。
あったかいの気持ちいい~にならないかな~。
頑張らなくていい体になりたいんだけど、頑張らないと保てない(;;)
もう苦しいのは嫌だ!

先ほど、術後鬱々していた息子の顔がぱーっと晴れた瞬間があった。薬が効いたらしいw
まだまだ完全復活には時間がかかるんだろうけど、いい顔をしてるとこちらも気持ちが楽になる。
彼がしんどいからって私までしんどくなる必要はない。
いつのまにか荷を勝手に背負うのは辞めよう。