ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。最近は難病(ファブリ―病、大腿骨骨頭壊死)の夫との近況についてがほとんどです。

自分とのパートナーシップを優先するには 2021.11.1

11月ですね。
今年も後2か月と思うと、早いですよね。
激動の2020年2021年を経て、世の中は変わっていくのでしょうか。
私は選挙の結果に、いつも以上に気力を失っています。
この国の政治は、本当によりよい社会を作っていこうという気があるんだろうかと、
そうは思えないところに、軽く絶望感を覚えます。
いろいろ書くときりがないので、この話題は一旦ここで終わり。

今日はふもとの町まで朝から鍼行って戻り、昼から歯医者に行って戻り。
そういう動きをすると、9000歩くらい歩きます。歩くのは気持ちいいし、身体にもいいので用事と運動が兼ねられるのはいいことだと思っています。

でも出ていく用事が複数あると、気ぜわしい~~~。
できるだけ用事は2つに抑えたいと思っているのですが、
すぐ一日が過ぎてしまって、予定していた「やりたかったこと」ができなくなってしまいます。
「予定していたやりたかったこと」って、「今すぐじゃないけど、やりたいこと」なんです。でもいろんな予定が入ってしまうと、それらも流れていってしまう。
例えばそれは「いつもよりも念入りにお掃除をする」とか
「あの読みかけの本を読み進める」とかそういうことなんですが、
これをまたスケジュールとして予定に入れてしまうと、
すべてが「やりたかった」ではなく「やらねばならないこと・消化しなければならないこと」になりがちで、息切れがしちゃう。
味わいながら、楽しみながら、いろんな発見をしながら、やりたいんですよね。
生きたいんですよね。
贅沢と非難されること必至ですが💦思う分にはいいじゃないですか、自由で。

時間との付き合い方は難しいですね。
私はやっぱり時間に縛られる仕事は無理だな。
会社員の方でも週3だとかフレックスでされている方は何人かいらっしゃるから、
やりようによってはできるのかもしれませんけどね。

このブログを書いてるから、時間がないんだろうと思われたあなた。
大正解です( ´艸`)
いや~、このBTSものは、なんだかんだ時間がかかります。
これは唯一私がやりたいことをスケジュール化しているものですが、義務的になってないやつ。
ただし、思ったことをだらだら書く程度では収まらないんです。
なぜかというと、私は新参ARMYなので、知らないことがいっぱいありすぎて、
今日はこの曲と決めるのは早いのに、
それに関してのMVを見つけたら見入ってしまうからなんですね笑
そして、いくつも探してしまう。知りたいから。
一つ見れば謎や気になることが出てきて、
それをあれこれ探していると、そりゃあ時間がかかります。
でも楽しいんですよ、これ。

書きたいことがあって書くわけではなく、
自分の興味にそって調べて書いて、その記録を載せるものなので、
まあ趣味ですねぇ。

仕事しろと言われそうですが、仕事にも関係しているんです、多分。
ということで、うやむやにしておきましょう。
気づき多き、ブログを書く世界です。
===
【一日1BTS】24 Savage Love

数日前に、この曲がふと耳に入りました。初めて聞く曲ではないのですが、
気になった曲。
そして今日は朝からなぜかこの曲が頭から離れません。でもタイトルがわからない。
それで数日前の記憶を頼りにして、ググって曲のタイトルが判明しました。

■公式 BTS ‘Savage love feat.Jason Derulo' official MV

www.youtube.com

MVを見ていただけるとお分かりかと思いますが、この曲はBTSのオリジナルではありません。
アメリカのシンガーJason Derulo(ジェイソン・デルーロ)の人気ナンバー「Savage Love」をBTSがリミックスしたバージョンです。

BTS Savage Love(Laxed-Siren Beat)[BTS Remix]
こちらが公式としては最初かも。
全て文字ですが、逆にわかりやすかったりします。
この文字バージョン、私は実は結構気に入ってます。
動画だと物語に気を取られてしまうから。文字だと単純に歌詞を追っかけていけるので、楽曲の中にぐっと入りやすいのです。私の場合ですけど。

www.youtube.com

この曲に関する記事がありましたので引用。

ボーイズグループBTS(防弾少年団)がアメリカのシンガーJason Derulo(ジェイソン・デルーロ)の人気ナンバー「Savage Love」のリミックバージョンに参加した。
BTSがフィーチャリングに参加したこの楽曲は「Savage Love(Laxed-Siren Beat)[BTS Remix]」というタイトルで、今月2日にリリースされた。
BTSは英語だけでなく「愛とはある意味瞬間の感情の羅列/条件がみんな付く、僕は何を愛するのか」などの韓国語歌詞も表現。
ファルセットで高音を操るサビとラップパートを担当し、楽曲に多彩さをプラスした。
「Savage Love」はニュージーランド出身のプロデューサーJawsh 685(ジョーシュ・シックスエイトファイブ)が制作した「Laxed」にJason Deruloがボーカルを加えた楽曲で、今年6月にリリースされた。
動画プラットフォーム「TikTok」でダンスチャレンジブームで人気を得た後、ビルボードのメインシングルチャート「HOT100」で7位まで上った。
BTSも最近「TikTok」を通じて、「Savage Love」に合わせてダンスをする動画を掲載。
オンラインの影響力やしっかりとしたファンダムを兼ね備えているBTSのリミックスとチャレンジへの参加で、この楽曲のダンスチャレンジブームにさらに弾みがつくのか関心が寄せられている。
Jawsh 685は同日にビルボードとのインタビューを通じて「BTSが今臨んでいる仕事はケタ外れで、僕は彼らを尊敬している。ビートの異なるバージョンを得ることはとてもステキなこと」だと感想を述べた。

https://kbsworld.ne.jp/entertainment/view?blcSn=55781&rowNum=4

「Savage Love」はニュージーランド出身のプロデューサーJawsh 685(ジョーシュ・シックスエイトファイブ)が制作した「Laxed」にJason Deruloがボーカルを加えた楽曲、とあるので、そもそもは曲しかなかったということですね。
この曲自体の雰囲気もありますが、歌詞の響きもとても心地よいんです。
でも実は歌詞の内容は結構辛辣というか。
ということで、日本語訳のついたMVをご覧ください。

Jason Derulo × BTS - Savage Love 日本語字幕

www.youtube.com

誰かに心を傷つけられたことある?君は天使のようだけど、その愛は残酷。
気づいているんだ。僕とのキスに何も感じていないって。
けれどその残酷な愛が欲しい。

君に利用されてもいい。その残酷な愛が欲しいから。
愛というのはもしかしたら、その瞬間の感情の羅列。条件がみなついている。
僕は何を愛するのか、永遠という言葉はもしかすると砂の城、穏やかな波の前で力なく崩れる。
毎日毎晩自分が何を考えているのかわからない。
僕が恐れているのが君だとしても、炎のように君を愛するよ。
毎日毎夜君を引き留めるのに必死なんだ。残酷な愛。

「誰かに心を傷つけられたことある?君は天使のようだけど、その愛は残酷。気づいているんだ。僕とのキスに何も感じていないって。けれどその残酷な愛が欲しい。」
このサビの歌詞、切なすぎます。

■FAKELOVEとの類似

昨日、【一日1BTS】ではFAKELOVEを紹介したのですが、
このMVがちょこちょこ入っているのをお気づきになったでしょうか?

BTSの曲はストーリーがつながっているという話は今までにも調べて知ってはいましたが、他の歌手のリミックスまでも、そういう志向になっているとは。

昨日の私のブログの中でシェアしている動画の3番目4番目を見てもらえると、
このことがわかると思います。

miww55.hatenablog.com


FAKELOVEとの歌詞の相似。「君のためなら僕は悲しくても嬉しいふりをすることができた。彼女のためなら自分の感情を偽ることもできた。彼女のことを離したくない、完璧な僕を見て欲しい。本当の自分を見せるのが怖い」というような表現なので、
Savage Loveは、その彼女との関係性の心情を歌った歌だと言えるでしょう。
時間軸的には、Savage Love→FAKELOVEなのかな。
BTS (방탄소년단) LOVE YOURSELF Highlight Reel(4本目のV)のVが随所に入っていることも、曲の内容のつながりを感じさせました。
7人が7人とも切ない恋心に身もだえしている様子がわかります。
恋は盲目と簡単に言えるほど、この感情は割り切れるようなものではありませんよね。
欲しいものは欲しいんです。それが自分を偽ることであったとしても。
でも、自分をおざなりにした恋や愛は、結局実を結ぶことはありませんでした。

でも、だからといって、彼女に惹かれる思いをどう自分を大切にすることとリンクしていけばいいのでしょう。
他者との愛を結ぶとき、自分との愛が結ばれていなければ
どうしても他者との愛に引っ張られてしまい、
そこにはひずんだ自己愛が形成されてしまう。
自分とのパートナーシップを結ぶというのは、
自分という対象が目に見えるものではないだけに、
すぐ隠れてしまうし、思いはあるのだけど後回しにしがちです。

そう、私が今日の投稿の冒頭に書いていたように
「今すぐじゃないけど、やりたいこと」のようなものは
すぐに後回しにされてしまいます。そういう相手にされなかった思いは、
どこかですねたひねた感情になりやすく、くすぶります。
ケアしてあげなければ、目の前の大切にしたいものも滅ぼしてしまうような
強い力が働いてしまうかもしれません。

だって、その目の前の大切にしたいものよりも、
本当の自分の望みは「自分の中にある自分のやりたいこと」なんですから。
そこを満たす自分とのパートナーシップの上に、他者との関係がある。
そう理解したほうがいいかもしれません。

もちろん、誰かのためにと頑張る方が私たちって力が出せたりします。
それも、自分が空っぽだと「永遠という言葉はもしかすると砂の城
穏やかな波の前で力なく崩れる」。

私が55年かけてやっとたどり着いたことが、
こうしてMVや歌詞になっていることに驚きを隠せません。

人間の中にある普遍的な物語なので、
BTSが発明したわけでもないのでしょうが、
これらの表現についてのメタファーの深さや多様な考察ができるというのは驚きです。
歌には確かに力があると思って来ましたが、
抽象的で万民に共通するものではなく、
万民に共通はするが非常に具体的に突いてくるもの、
「おまえはどうするんだ」と迫られているような気さえします。

そういう意味で、彼らBTSは演者でもあるのですね。
私たちに人生を教える演者。

昨日のFakeLOVEからのSavage Love。
これも顕在意識上では全くつながってませんでしたが、
頭にこの曲がリフレインしだすというのは、
潜在意識がこの情報をリサーチして持ってきたということだと実感しました。
顕在意識上にはないので、これもびっくりですが、
潜在意識はほんとコンピューターみたいに、
私の関心があるものはすぐ持ってきてくれます。
潜在意識は言葉をしゃべらないので、それに気づいてあげることが大事。
サインはいっぱい出していてくれるのですが、忙しかったり、頭で考えることが優先すると、これらのサインは気づかれずに流れてしまう。
今きっと満足しているはずです。
これが自分とのパートナーシップの結び方の一つかなと思うんです。
私はここを以前はやれてなくて、結果自分の思いをいつの間にかこじらせてしまっていました。
だから自分の感覚に気づくことからやり直して、
やっと今は自分の感覚にゆだねる、直感に任せる、直感や感覚からの情報を読み解く・解釈することができつつあります。忙しいとそこが離れがちなので、忙しくならないように気を付けています。
だから2つ以上の予定をできるだけ入れないというのも、このため。

自分はちゃんと自分の思いをわかっているはず。
この曲は、外への思いも大事だけど、自分にふたをしないように、
自分の中にあるものをなきものにしないように進んでいきなさいという、
教えでもあり警告でもあるのかなと感じます。

人生哲学ですよね、全く。そしてついつい5000字越してしまう笑
これどうやったら仕事につなげられるんだろう?
潜在意識さーんw