ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。最近は難病(ファブリ―病、大腿骨骨頭壊死)の夫との近況についてがほとんどです。

So What! 2021.10.23

昨日の夜、PCでin the soop2のネット配信をみていたのですが、
妙にちょこちょこ止まってしまう現象が。
みんな22時配信に合わせてみてるから、回線混んでるのかな、なんて思いつつも、
あまりにも進まないのでイライラ。
全編1時間20分ものなのに、なかなか進まない。

iPhoneで入りなおすと、こちらはサクサク行く。
でもiPhoneの画面だと小さすぎて、楽しくない💦
だけど、とりあえずは動くiPhoneで全部見たら、2時過ぎまでかかってしまいました

😢
(今思えば、macairで観ればよかった)

Windowsのデスクトップ画面が一番大きく、使い出もよいので、
どうにかこちらで観たい。

しかも同じweverse経由で、24日のオンラインライブ(PTD on Stage)があるので、
これは対策をしておかねばならないと、今日の日中はいろいろつなぎまくって検証。

まずはWindowsのメモリ。
8GBあるのに半分以上使っている。
それでも半分あればストリーミングを見ることに支障はないはず。

デフラグやらスタートアップの不要なアプリを無効にしたりして、
思いつくことはある程度やった。

この手に詳しい息子にチャットで相談しつつ、
まずはスマホでネットにつなぎ、Windowsデスクトップの画面に出すことを試みるも、音OKも、画面はホーム画面やチャット画面はみれても肝心の動画がみれない。
ミラーリングがぐるぐる回ってるので、これが問題かと思うが、改善できず断念。

次にmacbookairでおなじようにやってみると、いろいろ手間取りはしたけど、最終的にWindows画面で動画をみることはできた。

さて、明日はうまくいくだろうか。ドキドキ。
Windowsがすんなりつながるなら、それが一番なのだけど。

==
【一日1BTS】16 So What

ライブ感、疾走感のある曲。
この曲を流すと、曲のリズムにあわせて身体が動くので、
動き回る仕事のサイドミュージックには最適です。

■日本でのライブ版日本語字幕つき

このVみると、ホント、ライブ向けの曲だなと思いませんか。
特に日本でのライブなので日本語で「おまたせしましたぁ~!」
と舞台にせりあがってくる自体から盛り上がりそう。

そして走り回って歌う。
「So What!」(だからどうした!)って叫ぶの、
若さを感じます(ちょっと遠い目)。

www.youtube.com

日本語字幕をみると、この曲は応援歌ですね。
「大丈夫だよ」みたいな寄り添う系ではなく、
「行ってやろうぜ!GOGO!」とお尻を叩いてくれるようなw

このVの作者さんの訳から引用

この道の途中であきらめたいと思った瞬間に、
もっと大声で叫んでみてくれ!
だから、どうしたっていうんだ!
思い通りになることはないし、
隠れる場所はもっとないんだ
すでに賽が投げられてから長い時間が経った
ぐずぐずしてたら流されてしまうだろ
悩みの9割は、君が作り上げた想像の沼だ
悩むより前に進め ビビらずに頑張れ
叫んでみろ、”だからどうしたんだ!”
ぼくたちは若くて大胆で自由だ
答えがない悩み悩み
その中にはまらないでくれ
境界線の上で危険だとしても
笑って騒ぎながら風を切ろう
たまには馬鹿みたいにかけっこ
失敗と涙の中で僕たちはただ進むんだ

 

歌詞の内容がいいんです。
「悩みの9割は君が作り上げた想像の沼」
「失敗と涙の中で僕たちはただ進むんだ」

現実をしっかりみながらも、「ともに」を感じさせてくれる内容に、
前を向いていかなきゃと思わせられます
私のような年でも。

後半のラップラインでこうあります。

誰かが仕事嫌いなんだってさ
誰かが休みだけ欲しいってさ
そいつらの苦労と疲弊
全て僕に打ち寄せてきた時
なにをどうしたらいいのか
答えは一つしかない
ただ信じて走ってみよう
”だからどうした!”

みんな何度も思ったことがあること。
そういうことを思うことも、
またそういう人の思いが波として自分を襲うこともある。
でも生きていくならどうするかって、答えは一つしかない。
自分を信じて走るしかない。ってことなんでしょう。

今は死にたくない
今は戦いたくないんだ
心配事が嫌いだ 人生は長い
そのままいけ、今を生きていたいんだ
ブレーキが壊れているからアクセルを踏んで
こうしたりああしたりするのが人の境遇
苦痛は僕の勲章
全てを知ってしまったら何が面白いのか
”それでだからどうした

 

深い言葉ですね。。
この曲の歌詞は、ラップラインのRM、SUGA、J-HOPEで考えたそう。
「ぼくたちが忘れ去っている、幼い日の話はどうだろうかとテーマを話し合った」とRMが言っていました。幼い日どころか、これって人生すべてにおけるテーマのような気がします。


最後のフレーズがまたよいのです。

誰かが僕をバカ者と呼ぶんだ
誰かが僕を間違っているというんだ
僕は気にしたりしないよ
君もそれでどう?

 

たまたま、昨日「若気の至り」って言葉がふと脳内をよぎり、
過去の色んなことを思い出していたところでした。
今思い出しても赤面することだったり、
当時は恥ずかしげもなくやったけど、あれって子供じみていたなとか
でも信じる気持ちというか、これだと思っていたからやれたこともあったなとか、
世間知らずだからやれたことって、多くあった気がします。
もちろん痛い思いも失敗もするんだけど、
その傷が強さも作ったりしてくれて。

今の若い子たちには、失敗したくない子がとても多くて、
それは情報があるから、失敗をした先も見えてしまうからだと思うのですが、
でも、こんな曲を、実際に評価されずに悔しい思いをしてきた彼らが
歌に乗せて「君もどうよ」って言ってくれることは、
ものすごく心強い応援歌なんじゃないかって思うんですよね。

内容はヘビーなのに
曲調はイケイケながらもメロディラインが綺麗なので、
ノリやすさ、歌いやすさがいいんだろうなと思います。
この曲の動画が結構多めなのも、そのせいかもしれません。

腐っちゃいけないなぁ、って反省したところでした💦
まだまだ風切って生きねばですね。