ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

感覚・感触・直感 2021.4.19

今日の夢には、久しぶりに祖母が出てきた。

場面は住んでいた家ではなかった。
別件で試行錯誤してうまくいかず、どうしたものかと思っていたところで、
気持ちもいまいちな状態の時に、
祖母が魚を蒸していた。台所は祖父母の家だった。
私にも魚に塩をして蒸し器の中にいれるよう、祖母は促す。

言われるままに蒸し器をあけると、蒸しあがった魚のふわーっといい香りがする。
それまではあまり食欲がなくて心も動かなかったのに、
美味しそうだ!と思った。心が動いた。そして体もやっと目覚めた感があった。

そう言えば、と口の中に手を突っ込むと、
生肉のようなものがつるつると出てくる
千と千尋みたいな絵で想像してください(笑))。
「ああ、ちゃんと消化ができないままに、無理して食べてたのかもな」
と夢の中で思う。

現実が夢の中でメタファー化されたもののような気がする。
でもなんで魚だったんだろう。おばあちゃん~。


あの湯気と香りだけがものすごく強烈だった。

肉ではなく魚を、生ではなく加工しておいしく。
わかるようでわからない。でもニュアンスはわかる。
気づきとして、頭の片隅に置いておこう。

==
又も、ゾロ目を見ることが増えてきた。
このところは1111が多い。
2222は昨日も今日も見た。
こんなのはこれまで生きてきて初めてだ。今年は何かが違う。

見るのは4桁が多くなってきた。
メッセージをみるに、3桁よりももっと勇気を出せということのよう。
ここまで見せられると、みえないものたちに押されているような気もするけれど、
あんまり実感がないのも事実。

ああ、また頭を使ってこねくり回して考えている。
感覚、感性で受け取ってから、加工しなきゃだ。

==
今日はおいなりさんが作りたくなってしまい、衝動的に作った。

新聞にはお稲荷さんのレシピは載ってるし、
生協からお揚げは届くし、作りなさいと言うことだよねと解釈した。
f:id:miww55:20210419232152j:image
私は体調が芳しくないと、酢飯が食べたくなる。
生物的な欲求という感じではあるけど、
おそらくは、小さい頃からの「何かあると酢飯」という、
行事的なものからの刷り込みであるような気はする。

まあなんでもいいんだけど、食べたい時に食べたいものを。

息子を送り出した時には面高寿司。
明後日の夫の入院に向けてはおいなりさん。
ということにしておこう。

子どもたちもそれぞれ電話をしてくれた。
いい子たち。

そういえば、こないだお稲荷さん(神社)にご挨拶したばかり。
今日のおいなりさんとはつながっているのかな。


もろもろいいご縁が繋がりますように。