ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

執着を手放す 2021.4.5

いつか売ろうと思っていた宝石たち。
でもどこに売るのがいいのかわからなくてもう30年経ってしまった。
FBともだちがネックレスを売ったというのを書いていたなと思い出し、
彼女に連絡をとってみた。
その方は金のネックレスだったそうで、
金だとある程度のところなら相場換算で買い取ってくれるのだそう。
わたしのは金ではないけどダイヤである。

元夫からもらったものだった。
捨ててしまおうかとも思ったこともあったが、
何かの足しになるかもと持っていたのだった。

ネットでいくつか見繕って写真を送ってみたが、
家に来るというのでやめた。
この手の話で家にあげていい話はきかないので、
躊躇していた。そんなときにチラシに入っていた出張鑑定会。
これだと思って行ってきた。

30年前の当初、指輪は90万、ネックレスは26万ほどの値だと聞いていた。
今はいいところ2、3万とのこと💧
一緒に持って行った叔母からもらったプラダのナイロン製バッグの方が
ちゃんと値がついた。
鑑定士さん曰く、結局ブランドなのだそう。
それも年浅。
まるで日本の物件みたいね。
フランスもののブランドは質がよく買い手もつくらしいので、
そこそこ高値で売れるというのも聞いた。
着物なんて全くどうしようもないそう。
私の大島紬は売らないからいいんだけど。

宝石売ろうと思っている方は、はやめにどうぞ。

納得いかないなら持って帰るという手もあったが、
30年も元夫からのものを持っているというのも
なんだかな、思いっきり執着だよなと思う気持ちもあって、
捨ててもいいと思っていたのなら、いくらか値が付くだけいいかと
それでも粘って50000円に。

実は行きたい資格の学び直し勉強会の講座があって、
16万は捻出したかったのだけど、遠く及ばず。。。
せっかく地元開催だし、タイミング的にもよかったのだけど、
私の時期じゃなかったのかな。

と、ちょっともやってはいるが、処分出来てすっきりもしている。
変な気持ち。

持って行く前は、すごく不安定な気持ちだった。
値が付かなかったらどうしようと思っていたのだろう。
思っていたよりも低かったが、
値はつき、叔母のバッグのおかげで(実はパチモンだと思っていたので値がついてびっくり)少しかさましもされた。
が、現実ってこんなものなのねというのをちゃんとみれたのはよかったのかも。

さて、私には何もなくなってしまった、という気持ちもある。
いざとなれば、の宝剣がボロボロにさびていたというわけで。

これからどうやっていきていくか。
いや、今までとあまり変わらないわけではあるけど、
生きていくって難しいわ。お金って必要ね。
執着したくないけど、ないと困るのがお金。

仕事も増やしつつあったけど、どうも合わないなというのも感じていて、
自分の棚卸をしながら仕切り直しをするかなー等々ぼんやり考える今日でした。
ふー。