ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

おいしいごはんをつくること 2020.1.8

私はこのところ、何に心を砕いて毎日過ごしているだろうか?と考えてみた。
すると、大部分が「おいしいごはんをつくること」だというのに気が付いた!

今日もご飯を作りながら、ふっと「なんで私は今ご飯を作ってるんだろう?」と思った。
毎日毎日、結構必死に頑張っているわけだ。
でも、やめようとか嫌だなぁとかあんまり思わない。
ああ、今日はちょっとしんどいなとか、体の不調の時にはそう思うこともある。
実際、ここ数日はずっと頭が痛くて、頭痛薬も効かない😢
でも、ごはんづくりは粛々やる。作りたいとも思う。

嫌な仕事と比べると、全然こっちのほうが力が入るし、体も動く。
なんでだろうと改めて考えてみた。

1.おいしいものが好き。
単純においしいものを食べたいと思う。

2.風味・香りが好き。
おいしいものの香りがするだけで幸せな気持ちになる。
これは息子もそうで、今日もくんくんにおいを嗅ぎながらキッチンに来ていた。

3.食材の在庫をみながら献立を考えるのが面白い。
これは好きとはちょっと違うのだけど、食材の在庫と栄養バランスと同じようなものが続かないようにと、パズルのようにいろいろ組み合わせるのが面白いと感じる。

4.自分と家族がおいしいものを食べて幸せな気持ちになるのが好き。

5.おいしいねと言いながら語らえる時間が好き。

おいしいものを作ることは、幸せになる手っ取り早い方法だと思う。
毎日3食おいしいものを食べるのって、
1日に3回もしあわせな気分が味わえるってことだ。

私の場合は、朝はある程度決まっている(プロテイン、野菜エキス、ヨーグルト、コーヒー)し、昼は用意する時間がないことが多いので、夜をしっかり作る。
そこに3食分くらい込めている。
まあそのくらいパワーは実際かけてる感はあるなぁ。
息子の弁当もパワーかけてるなぁ。
最近緑のものが少なくて反省して、今日はがっつり入れた。


最近コンビニごはんがあんまり好きじゃなくなった。
仕事の時には手軽なので利用するけど、
物理的に暖かいご飯が食べられない場合が多いので、
そこそこ冷めていてもおいしいタイプのメニューとなると限定されてしまう。
すると、あまり食の楽しみは求められない。

つまりは私は飽き性なのだ。
いつも同じじゃいや。そして暖かいものが食べたい。食への希望が大きいのだ。
その時の自分の好みに合うものを食べたいと思うと、もう自分が作るしかないんだよね。

そういう点では、主婦でよかったと思うのでした。
毎日のことだから。


そういえば、最近ごはんの写真を撮ってない。

野菜スープの写真です。

Before 

f:id:miww55:20200108235641j:image
After
f:id:miww55:20200108235638j:image
根の野菜3種
葉の野菜3種
実の野菜3種を
2,3時間ことこと、水の量が半量くらいになるまで煮ます。
そのエキスを朝晩飲むように、F先生からの指示なのですが、
朝はコップ一杯飲んで、夜はお味噌汁にこっそり入れることが多いです。
今日は味噌汁に入れ忘れたので、飲んで寝なくちゃ。結構美味しいので続いてる。

さて11時をとうに過ぎてしまった~。

急いで寝ます。
おやすみなさい。