ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

山形仙台の旅~おいしいもの編 2019.11.20

11月16日17日、山形仙台の旅に行ってきました。

娘が6年お付き合いをしていた彼と入籍をしたのが8月31日。
娘が、彼のご実家に転がり込みご厄介になって5年ちょい。
なので、それまでにご訪問しご家族とお話ししたことはあったのだけど、
今回は改めて、両家顔合わせ会。

うちは九州、先方は東北。
ほぼお互いの家族は、行ったこともない土地柄。
なので、どこで顔合わせするかとなったのだけど、
うちが行った方がよかろうということになり、夫息子とともに山形へ。

場所の選定は先方にお任せした。
最初はホテルを検討していたみたいだけど、堅苦しいのもなんだしと、
彼らの新居アパートに10人集まることに。
お母さんお姉さんがお料理をふるまってもてなしてくださって、
ほんとに「親戚寄り」って雰囲気だった。
まさに、そういうほうが私たちもよかったし、
お姉さんのこどもちゃんに食アレルギーがあることもあって、ベストだった。

今回は、その食べ物編。
すべてがおいしかった!
全部は写せてないので一部。いかにも東北という料理を。(といっても義息子から教えてもらうまでは存在も知らなかったお料理たち)

f:id:miww55:20191120214932j:plain
f:id:miww55:20191120215004j:plain
芋煮・玉こんにゃく
f:id:miww55:20191120215041j:plain
f:id:miww55:20191120215104j:plain
だし・どんどん焼き

そして、、これからはちょっと苦手な方がいるかもしれないので、
虫系ダメな方はスルーしてね。

イナゴさんです。

f:id:miww55:20191120215024j:plain
f:id:miww55:20191120215135j:plain
f:id:miww55:20191120215208j:plain

1枚づつ貼ると、ものすごいインパクトあるので、3連で。
左は名付けて「大群」w、真ん中は「一つ取り出してみました」、右は「つや姫のご飯に乗っけてみました」。

これ出てきたとき、正直「やばい!」と思いました。

昆虫は得意ではありません。
が。出てきたものは食べなければ!
しかも、こういう場です。
おもむろに夫が行き、なぜか虫が私よりも苦手な息子も箸を出します。
マジで?

私は玉こんからおいしくいただいていて、気になりはするものの、
(また私の目の前におさらがあるもので)ものすごく葛藤しましたが、
ごはんがきたのをきっかけに、いただくことに。

先出出陣した彼らからは「小魚の佃煮みたいだね」との言葉を聞いていて。
味は大丈夫そうだと安心したものの、昆虫の何が問題化というと、フォルムなんです。口の中でその存在の形をイメージすると絶対だめだと思ったので、
気持ち目はずらしてパクリ。
サクサクして結構いけます。
矯正器具に引っかかるのではないかと思った懸念もなく、
逆に「これ、お酒にいけるんじゃ」とまで思ったりして、
晩御飯に少し残していただくことにしましたw

f:id:miww55:20191120215359j:plain
f:id:miww55:20191120215445j:plain

左は「ちまき」米を蒸したものに、甘い黄な粉をまぶして食べるそう。
端午の節句ちまきとは形も中身も違うみたい。甘い黄な粉がポイントなようでした。
朝ごはんにいただきました。

右はいなごとゼンマイ煮をつまみにするために買った山形の出羽桜・一耕。
この2つは30年ほど前に、ほんとよく飲んでいたお酒なので、すごく懐かしくて。(1つ300mlです)
あの頃は、この酒が山形の酒とは知らなかったし、こうしてまたその土地で出会えるとは思いもしてなかったなぁ。

こちらから持ち込んだ九州の甘い刺身醤油も、
お刺身に使って気に入ってもらえて。食を通しての交流もできました。意外と味の共通点というか、好みは合うようです。
明太子も持ち込んだのですが、食べるものが多すぎたので、
お土産に持って帰っていただきました。

さて翌日。
朝ごはんは、前日に福岡空港で買った明太キッシュとちまき

明太キッシュはこちらにある記事をどうぞ。
福岡空港限定なので、空港に行かないと買う機会がなくて。やっと買えたのでした。

rocketnews24.com

 

お昼は、前にも行った有名なお店で「鳥中華」。
お店の名前忘れちゃった。。。

f:id:miww55:20191120215517j:plain
f:id:miww55:20191120215559j:plain

右は、この季節限定「はらこ飯」。
前回仙台に行った時、ちょうどこの季節で。また会えてうれしかった。
炊きこまれたご飯の味がまたおいしい。


ということで、今日は山形仙台(仙台はひとつだけでした^^;)の旅、おいしいもの編でした。