ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

催眠ショー 2019.5.27

f:id:miww55:20190528004203j:plain


昨日は「催眠ショー」なるイベントに行ってきました。
なかよくさせていただいている整体師のSさんのサロンが開所5周年ということで、
先日からイベント企画が目白押し。
こちらのサロンの企画は「普段あまり聞くことのない話をしよう」。
そもそも彼女とはその辺の話をする場が必要だねという話をしていたので、
満を持してという感じでしょうか。

1回目は観相師であり美容のプロフェッショナルの方から、顔相から自分を知るだとか、恋愛・仕事・金運UPなど自分の理想の状況別メイクを教わったり。
私は別枠でメイクをしていただいて、昭和のアイドル的経験をさせていただいたり(笑)

で、2回目が「催眠ショー」でした。
催眠ショーをなさるのは、いとうやすしさん。
整体院や自然農への取り組み、精神疾患へのアプローチについて大学や医療機関と共同研究など、活動分野は多岐に渡る方です。
今回は、映画『ザ・シフト』の上映と講演会の流れで、九州に来られたそう。

youtu.be


Sさんのサロンでの開催でなければ、私は行ってない可能性が高いのですが、
イベントの告知からずっと気になっていて、前日に体調がある程度落ち着いたことを確認して、ドタ参を決めました。

私が行こうと思ったきっかけは、イベントの告知文の中の一節。

エゴの真相を説明し、誰にでもできる思考の止め方を語ります。
エゴ(思考)は常に不安、恐れをあなたの人生に与え続けます。常に外部に答を求めます。
しかし、エゴ(思考)の差し出す未来は、永遠にあなたを悩みから解放してはくれません。
思考を止め、心のおしゃべりから解放された時、あなたは本来の自分を知ることができるでしょう。
思考が自分だと思い続けてきた人生から解放された時、誰もが根源の自分と語り始めます。
その時、初めてあなたは、本来の自分と対面し、あらゆる悩みから解放され、癒しへと変化します。

 「思考の止め方」「思考を止め、心のおしゃべりから解放された時、あなたは本来の自分を知ることができるでしょう。」
という言葉に惹きつけられました。

私がこれらの言葉を知ったのは、ちょうど1年前位。
今はなぜか表にあまり出られなくなったとも子先生が、著書やビデオで言われていたことでした。
当時の私は、いわれることはわかるけど、心のおしゃべり(とも子先生は頭のおしゃべり的なことを言われていたような。言われていることは同義だと思う)を止めることができず、自分の本心がそれに埋もれしまいそうになるのと闘うので必死でした。
でも、とも子先生も言われていたけど、闘うモードになるとダメなんです。
そっちに注意が行ってしまうから。
そこに感情を持ち込まず、ただある状態を観察すること、
それが必要だと説かれていました。
でもそれが難しくて。
だから、そのヒントがあればと思って参加したのでした。

さて、催眠ショーは、これといってスタイルがあるわけじゃないそうで、
私の参加した回では、世間話的なところから。
いとうさんの簡単な自己紹介からはじまり、催眠とは何かという話に。

催眠状態とは、眠るわけではなく、意識ははっきりしている状態でおこります。

催眠の深さの分類は大きく3つ。
①運動支配、②知覚支配、③記憶支配。

①は、手が離れなくなる、立つことができない、などと暗示すると本当にそのようになってしまう状態。このような運動が禁止された状態をカタレプシーというそうですが、この「カタレプシー現象」の最たるものが、マジックショーで見るヒューマンブリッジ(全身を硬直させた人をふたつの離れた椅子に掛け渡し、人体による橋を作るあれ)

運動支配の状態は、催眠深度としては、一部浅い段階。
意識もさほど低下していないので、催眠にかかったという実感は意外と鈍いといわれます。しかしこの段階では筋肉の支配が可能なので、暗示で全身を脱力させ、リラックスした状態に導くことが可能です。


早速みんなで体験。
いとうさんの誘導の通りに、やってみます。
まず、両手の手のひらで空気の球を持つようにしてみます。気功の球を作る形に似ています。
それを大きくしたり小さくしたり。
大きくしたり小さくしたりは自分の意志でするのではありません。
いとうさんの言葉を聞くと、手が動くんです。なぜか。
不思議―。
ちなみに催眠にかかる人とかからない人とが要るらしく、どっちがどうという話でもないそうです。

で、たまたま私が近くに居たというのもあるんですが、
私がかかったので実験台。
いとうさんの指示で、右手を右ひざの上に乗せます。
自分意志です。
当然動きます。
いとうさんが、私の右手に手を添えて、「3秒かぞえたら、手が膝から離れなくなるよ」と言い、3秒後。ほんとにはなれない。力入れてみるんですけど、動かない。「あれっ?」って何回言ったかな。
不思議―。

②知覚催眠の状態になると、視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚を暗示で操作することができるそう。五感を自由自在に支配できるようになるのです。
味覚の操作では、味を変化させることにあります。ピーマンの嫌いな子供にピーマンがおいしいと言って出すと、本当に美味しそうに食べるんだそうです。

で、また私。
あずき茶を飲んでいたんですが、当然あずきの香りと味がします。
いとうさんが声をかけると、味がしなくなるんです。
水みたい。
「あれっ?」ってここでも何度か言って、何回も飲んだ。
またいとうさんが声をかけると、味がし出すんですよね。
不思議すぎるー。


また知覚支配の段階では、暗示の影響力が五感だけでなく感情にも及んできます。楽しい、嬉しいという暗示で実際に楽しくなったり嬉しくなったりしますとのことで、私は参加してなかったのですが、今日のセッションでは、「男性がお隣の男性に恋をした状態」になったそうです!
私は事後に行ったのですが、皆さん盛り上がっていて楽しそうでした。いいなぁ。
それみたかった~。

自己催眠と言われるここまでの領域は、暗示ともいえるのでしょう。
私たちは、毎日を自分の意志で生きていると思っているけれど、実はそうじゃないのかもしれません。

いとうさんもこう書かれています。

自己催眠だけでも、ここまでの事ができるわけですから、暗示をあなどってはいけません。私達が日常において、如何に暗示の世界で生きているのか感じていただく参考となれば幸いです。

私達は物事を決断する時に、本当に自分の意思で決めているのでしょうか。暗示は入っていないと言えるのでしょうか。

 怖い話です。

いつも話すのですが、テレビのコマーシャルの影響でついつい買ってしまった。宣伝の内容に興味を持って自己変革の講義に出た。チラシで安いと思い込み、野菜を買ってしまったなどなど、日常生活によくある事です。

これだけマスコミやネットの発達した社会において、暗示のない状態はありません。そんな中でどのような状態で、どのような事を学んでも時間の浪費であり、それでも中には体験という勉強になったと言う方もおられますが、本当にそうでしょうか。

 

 

>これらの実験から、霊的現象は自己暗示による知覚催眠状態とも言えるかもしれません。

とも書いてありました。

さて、催眠の一番深いところ。
③記憶支配では、意識レベルがかなり低下して、反対に潜在意識が優勢化してきます。
さて、記憶支配とは、その名の通り記憶の働きを操作するものであり、過去の記憶を蘇らせたり、逆に記憶をなくして忘却することができます。

私も名前を忘れる技を受けたのですが、これはかかりませんでした。人によってどこに強く作用するかが違うようです。

人格転換現象も記憶支配でおこる現象の一つで、これはあなたは野球選手ですとか、指揮者なったと言われると、実際にその人物になったかのように振る舞って行くものです。転換する対象は何も人間に限ったわけではなく、あなたは鳥ですと暗示すれば、両手を羽のように広げて羽ばたく動作をするよう。

先程紹介した、「男性が隣の男性に恋を」というのは知覚支配と記憶支配のミックス状態だったのかも。

いとうさんは治療院もなさっていて、精神疾患へのアプローチについて大学や医療機関と共同研究もされていて、「どちらかというと西洋医学寄り」と自称されます。

いとうさんは、言われます。
「何も記憶支配にまで至らなくても、病気の治療や悩みの解消、性格の改善や能力の向上等、様々な方面で催眠療法は可能性があります。」

以上、催眠ショーで行われたことは、スピでもなんでもなく、人間の精神における状態を刺激したもので、科学的に証明されているもののようです。

 

さて、催眠ショーでは、自己催眠の手法をつかい、自分をコントロールするやり方を教えてもらいました。
「自分で自分のことはやれる。
悩みは上を向くと乗り越えられる気がする」そう。
実際、悩んでいる時は頭を下に下げているので、酸素が入らないってこともあるのかもしれません。
上を向くと、悩みが少し晴れるような。これも酸素??(これは私が勝手に思ってることですが)

一般的な、自己催眠というか、自己暗示の手法ですね。
寝るか座るかの姿勢で行います。
目をつむって、以下の言葉をつぶやきます。
1.両手両足が重い。

両手両足が重くなっていきます。

2.両手両足があたたかい。
以下、そうなっていきます。。。

3.おなかがあたたかい。

4.呼吸が楽だ。

5.肩と首がすごく緩んできた

6.顔と頭が緩んできた

7.私は常に安全です。

この後に、自分の夢や願望を言葉にしていれる。アファメイションを唱えるといいそう。

ポイントは、言葉の使い方。

これは潜在意識に訴えるやりかたなのですが、潜在意識は主語を持たないそうなので、
「お金が欲しい」というと、欲しい状態をずっと作ってしまうそうなのです。
ってことは、ずっとお金は手に入らない状態を自分で作っていることになる。。いやぁあああ。

なので、こういう時には「私は(私たちは↼自分だけでなくみんなもという意味を入れるともっと広がるそう。)どんどん豊かになっている。」
これなら現在進行形。

言葉って大切ですね。

長くなったので、また次にします。
次は、思考を止めようとしても出てくる対策の話と、
いよいよ私の催眠体験をば。ひょんなことから個人セッションを受けることになり、
今日行ってきました~。