ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

F先生との会話0921

今日は、月1、F先生の診察日でした。

心電図(多分年1)を取ったら(今日は長めに取りました。)
「自律神経が乱れてる」そう。
心電図でわかるんですね。
これまで何度となくとっているけど、初めて言われました。

先生曰く、「あなただけじゃない。今日来ている人みんな、夏の疲れで今ごろばてている」。
「あなたは、人より敏感だから、なおのこと。」

まあ、そうかもしれないです。
このところの私は、入院前後よりはかなりいいけど、おなかもすっきりとはしないし、痛いところもたくさん抱えてそのストレスに対して、お疲れ気味。

今日は、今の私が一番気になっている「冷え」について相談してみました。
F先生は「冷えは、自律神経からくる。これはお風呂の対策をするしかない」
と。

風呂といえば、先生に教えていただいた入浴法で生命の危機を感じた話↓

miww55.hatenablog.com
これを再度やることに。
42度くらいの設定で。

40度15分も悪くないと言われました。
でも、揺さぶりをかける入浴法は、冷たい水をかけるのがポイント。
ギューッと血管を収縮させて、戻るのを利用して開く。
これやるには、今のうち寒くないうちがいいのです。


わかってるんですよ。でも冷たいの嫌だなぁって思いがあって。
うう、これも覚悟です。


というわけで、今晩やってみました。
すぐ試してみるのは私のいいところ♬

やってみての感想はというと、
・まだこの時期は、結構汗をかきます。
・そこまで足は冷えなかった。
あ、今結構あったまってるということはいいということ?

あと、先生には睡眠のことも相談しました。
以前無呼吸のテストをしたけど、
CPAPするまでひどくないって言われたことも再確認。
で、これは横を向いて寝てみることをやってみようということになりました。
今痛めてる肩と腕がどこまで耐えられるかなんだけど。

私の感覚では、酸素が足りてないから起きても眠いのではないかという気がしていて(まさに睡眠時無呼吸症候群の症状なので)
導入剤も眠剤も、自主的に最低限に抑えて飲んでいる。
先生にそれを話すと「あなたは、もう薬なくても本当はいいんだろうね」といわれました。
導入剤は、半分に減らしたらその分寝付きに時間がかかるようになったのだけど、
寝れないわけではない。
だけど、飲み忘れるといつまでも寝れない。
ってことは、やっぱりいるんじゃないかなぁ。
酸素がちゃんと入るようになれば、、と期待。

薬要らないの話は、おなかのこともそうで、
「すごく痛いわけじゃないけど、すっきりしない」症状に対しては、
「贅沢」といわれましたw

まあ、そうなんでしょうけど、すっきりしたいんですよ。
すっきりしないというのは、違和感があるということなんだけどなぁ。
でもそれにつけるほどの薬はないってことなんでしょう。
違和感は「そんなもんだぁ」って思っておくとなくなるのかなー。
続いてるんだけれど。むーん。

後で、よく声をかけてくださる看護師さんが来てくださり、ちょっと話。
自分自身に、お金も時間もエネルギーもかけなきゃもったいないよねって話になり。
特に罪悪感は「感じるだけエネルギーも時間も持って行かれて、もったいない!」と力説されました。そこには完全同意。
そのために「見ない、感じない、考えない」だっけかな。
それはF先生もよく言われる。逃げなさいとも。

心の持ちようの話と、
後はやっぱり水だよねとw こちらは身体の話。
私が水をいっぱい飲んでるって話を覚えていてくださっていて、
看護師さんも気掛けているみたい。
前回私の体調や肌艶がよかったので、「どんな秘訣が?」と聞かれ「水かなぁ」とお答えしていたのでした。
私自身は、このところ給水が少し落ちてるので、夏くらいの摂取量に戻したい。
目指せ2リットル。


うまく締まらないけど、今日はこの辺で。

#自律神経失調
#過敏性腸症候群
#ブックス
#BOOCS #睡眠時無呼吸症候群