ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

自律神経にゆさぶりをかける入浴法

今日は、月1検診日でした。
F先生曰く、「状況はよくなっている。
あなたは原因がはっきりしているのでわかりやすい」そう。
私自身は、全くもってはっきりしていないので、@@という感じでした。

お腹の冷えを相談したところ、
入浴法を紹介されました。
以前にも紹介されてやっていたのだけど、冬場だったような。
こどもが小さくて、自分のための時間がなかなかとれず、

続けられなかった記憶があります。

やり方>
1、まず汗がだらだら出てくるぐらいお風呂を熱くする。汗が出てきたら湯船から上がり、
2、左右交互に足に水をかける。
3、湯船に入り、また汗がだらだら出てきたら、湯船からあがり、顔に水をかける。
4、またあつい湯船に入り、汗がだらだら出てきたら、上がり、胸に水をかける。
5.最後にぬるま湯にして、ゆっくり湯船につかる。

やりました。
吐きそうになりました(´;ω;`)

おそらくというか感覚的なもので判断するに、

私の体温感覚がくるっている気がします。
おなか自体は実際冷えるのは間違いないのだけど、
まず熱い湯に入ってもすぐ汗が出ない(これは、そもそもそう)ので、

最終的に48度とかの湯を入れて待ってみたけど、汗はだらだら出ない。。。
そのうち、顔がほてってくる。。
つまり、実際はすごく体温上がってきていても、

その感覚がないからのぼせるという。。。↼もしかしたら、もっとも危険?!

「汗だらだら」を待ってはいけない。
でも、待ってしまったので、大変でした。
上がったら、吐き気に、胃腸不安感。身体中から噴き出す汗。汗。汗。
結局汗が落ち着いたのは2時間後。おなかは途中まであったかかったけど、
1時間くらい後からは冷えてきました。
身体が汗をかいて冷やしにかかっているから、
一番先に冷えるのがお腹であることは当然っちゃ当然です。
1時間半ほどバスタオルを体に巻いて汗を取って、
その後シャツを着たのですが、そのシャツも汗で濡れて体が冷える。。
シャツ脱いで着替えてほっ。

いやぁ、こんなの毎日できない。
生命の危機を感じる↼大げさ 
体力使うとは聞いていましたが、これほどとは。
書いてあった通り「自律神経にゆさぶりをかける入浴法」でした。
揺さぶりすごかった。

せっかく先生からご紹介いただいたけど、今の私には苦行すぎるので、
ちょっと違うやり方を考えます。

www.sunstar-tuhan.com



allabout.co.jp



bunshun.jp



#自律神経 #入浴法 #自律神経に効く入浴法
過敏性腸症候群 #お腹の冷え