ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

Happy日記0615

・アラームはかけているが、そして起きるのだけど、記憶がないような状態で今日は完璧に二度寝。気づいたら息子はもう出ていた。
弁当夜詰めた自分と頑張っている男チームに感謝する。

東長寺青葉まつりという弘法大師様のお誕生日会に。
実はそのことは全く知らず、今日は千手観音さまのお御簾があくというので行ったのだった。
熊野の補陀洛山寺の千手観音さまの前で、初めて感謝という言葉が心に浮かび、涙してからというもの、千手観音さまのお姿に励まされている。
私を助けてくださるために、たくさんの手と知恵を持って(1つの手に25の知恵をお持ちだそう)座られていると聞くと、ありがたいということをつくづく感じる。

でもこのところは感覚が薄れている自覚があるので、生の目で千手観音さまを見たかったのだ。
東長寺の千手観音さまには実はお目にかかったことがなかった。

お経の中、僧侶の方々からのお詣りの後、一般の私たちも拝観する機会が与えられた。美術館みたいにみな並んで歩いていく。
向かって左手の不動明王さま、中央の千手観音様、右手の弘法大師様の順に軽く拝んで進むという感じなので、自分の名前を言うなんて暇はない。
「ありがとうございます」とか「よろしくお願いします」くらいのもので、そういう状態だと私は十中八九テンパってしまう。
みんなに合わせて進むことが優先順位1位になってしまって、
振り返ると「ちゃんとお顔も見れてないじゃん」ということになるヽ(´Д`
実際今日もそうなった。反省。
それでまだ他の皆さんがお詣りされているのをいいことに、ちょっと遠くはあるけど畳の方からいつものようにゆっくりと「せんじゅかんのんさま~」とブツブツ。
一方的な話を聞いていただいた。

いつもは御簾が閉まっているので、
届いているかどうかわからない、なんだか心もとない感じがするのだが、
今日は実物がみえるので、そういう状態でお参りすると嬉しくなった。
住職さまからのお話が終わり、16時まではまた自由にお詣りしていいですよといわれたので、多くの方が並ぶ。
私も今度はもっとお顔をみようと、
そしてさっきよりもまともにお詣りしようと思い並んだ。
時間は前並んだ時と変わらなかったけど、前よりも意識的にお詣りできた。

黒田忠之さまのお墓参りと、弘法大師様と一緒に修行なさった大師様とお地蔵様にもお詣りし、なんだかいつもよりもすっきり。

・大学時代、FMの番組で一緒だったIちゃんが、大学生の息子君のところに来たついでにと声をかけてくれて、会うことに。
おそらくリアルで再会したのは25年ぶりとかそのくらい。
でも全然そんな感じもなく、彼女とは普通に「今」を語りあえてとても楽しかった。
彼女は昔から自分を持っている不思議っぽいキャラクターだったけど、結婚して3人の子の肝っ玉かあちゃんになって育て上げてる今も、自分の楽しいことはどんな状態の中でも見出していく、相変わらずなところが残っていて、とっても安心した。
と同時に、彼女の置かれている状況はなかなかつらいところも多いのだろうと思うのに、会うとそれさえも楽しんでいるような彼女の姿勢に、尊敬しかない思いを抱いた。
そのくらいの心意気で生きなさいということか。
Iちゃんは、本音で話せるいいともだち。わざわざ声かけてくれてありがたい。

昨日の今日で、会いましょう的な話がちょこちょこ湧いてきてて、
会うべき人に私はあうんだなという気がしている。

・カルディでのお買い物がたのしい!
コーヒー豆を挽いてくれた香りが帰るまでバッグから香ってきて、幸せな気持ちになった。

・晩御飯に作ったジャガイモチーズ餅が上手に出来た!意外なほどのおいしさ!
ピーマン・野菜豆とお魚ソーセージの炒め煮も美味しかった。
懐かしい味を思い出した感じ。お弁当レパートリー増えた。

さて明日も頑張ろう。楽しもう。
気持ちよく起きれますように。

明日は今日よりもっといい日。
おやすみなさい。