ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

痛い人だと思われてもいい。

昨日、思い立ってFBに自分の自撮り写真をアップしました。
私はそもそも自撮りをする方ではありません。
自分の顔を鏡で見る方でもありません。
嫌なところに気づきたくなくて、見たくないのです。

数日前の、ベッドでノートパソコンで動画を視聴後、
そのままPCをこめかみに落下させた事件(大泣)で、
私の左目横は現在青あざ・赤あざから、
黄緑あざ・青黒あざに変化中で、鏡を見ざるを得ません。。。

そんな私ですが、昨日美容室に行こうと思い立ったのです。
あざはファンデーションで隠れます。
お化粧して出かけてきました。

久しぶりにパーマもかけて、頭も軽くなりました。
それでせっかく化粧もしてるし、写真を撮ってみることを思いついたわけでした。
最近、自撮りで写真を撮ってみたりを始めていました。なぜかという理由は思いつくほどのことでもないのですが。

昨日は美容室から帰宅後、久しぶりで疲れたのか、後遺症もあるのか、
その前の日にピラティスで力を入れてしまっていたのか、
頭の感覚が遠い感じがして、、怖くなってしまいました。
暴風雨で気圧の低下もあったかと思うんですが、
どうすることもできないし、おそらく何ともないんですけど、
でも万が一ないことはない、なんて思うと、、怖くて不安で、、、、。
もうかなり不毛な時間を過ごしました。

不毛だと思うんですが、こうなってしまった時の当人にとってはどうすることもできないんです。

それで、友人にチャットで今の不安のことを聞いてもらいながら、この写真をみてもらいましたら、
友人は違和感がある、というのです。
ビューティアプリだからというのはもちろんそうなんでしょうが、
私はそうでもないんですよね。
それで、思い立ってFBに出してみることにしました。
というのが、今回の「思い切った話」です。


鏡を見るのが苦手な私ですし、
そもそも自撮りの写真をFBにアップするって、私の中では痛い行為です。
自分の中でいい理由をつけなくてはなりません。
そこは「パーマをかけました」で納得させました。
傷も化粧で隠れています(実際は今日は「うぐいす色」なのですよね。すごいわ、化粧とアプリ)。
自撮りは慣れてないのでなんですが、
いつも自分を相手に向ける時はなぜか左側を向けるようなのですが、
写真は右を向きました。傷が左にあるからです。

なぜに私はFBに痛い自分をアップしたのか。
ひとつは、痛い自分をさらすことで、
この状態をどうにかすることにならないかと思ったからです。
私のヘタレた状態が、これをすることで治るという因果関係は全くないのですが、
開き直ったらうまくいくかもしれないと思ったわけです。

ビューティアプリをかませることで、「演出」ができます。

もうひとつは、自撮りの違和感がどこにあるのかを知りたかったからです。
自撮りの違和感をネットで検索すると、
自撮り(インカメラ)は鏡で自分を見ている状態(鏡面)でうつるそう。
なので、自分は違和感がないけど、他人は違和感があるという状態になるらしいのです。
それが、私といろんな関係性にある友人たちからはどうみえるのかを、
知ってみたかったんですよね。

いろんな意見があったので、なるほどと思いながらありがたく思いました。
コメントくれた友人たちやそれを見守ってくれた人たちの善意が一番ありがたく。

結論としては、
違和感の原因は、
写真としてみる分には、
・ビューティアプリはぼんやりうつるので、本当のモノを映していない感じがする
・動きがない。自分が知っているあなたは、笑っている動画的印象。という方が数名。
(これは最近あっていない人たちも含めてそういうものではと)
・写真は切り取り。 自分が知っているあなたは、 文章や言葉を含めての印象という方が数名。
という意見。

近い関係の友人や子供たちは、
・角度が違う と言います。切り取る角度の問題で、いつも見せる顔の角度ではないということかなと。


まあ、私の一つのチャレンジは、私の大方の疑問を解決して終わりました。
いろんな捉え方をしていただいているのだなと、当たり前ですが感じる事が出来たのが収穫です。
そして、自分がこう見せたいからこう、ということは、なかなかできない、とも感じました。


ブランディングを学べば別かもしれませんが。
今の私は、仕事上でブランディングする余裕はありません。まずは元気にならなきゃ。
(でもブランディングしましょうという情報が届きます。必要なのか?悩みます)
次の段階でそういうのが必要なのかも。。

ちょっとだけ今、不安な状況から脱せています。

不安や恐れ。
「それらを受け入れる」
「恐れや不安を持った自分を受け入れる」
「恐れや不安を持ったまま行動する」
をやってみたところだと思います。

つい「何で頭の感覚が遠いのか」とか「理由はなにか」とか考えがちなのですが、
それだと不安や恐れの波にもっと飲み込まれそうです。そっちには行かないでおこうと。

今回の私のやり方がうまくいってるのかどうかもわかりませんが、
自分を越えたぞという、ちょっとだけの自信はついた気がします。
越えたというよりも、固定観念(自撮りするなんてそれをFBにアップするなんて痛い)をやってみたって感じかな。
人の優しさに触れてよかった。
みんなの気遣いがありがたい。
自分の「なんで?」がわかってよかった。言いたいことが言えて(きけて)嬉しい。
自分が晒せて少し気楽。

自分をちょっとだけ肯定できた気がします。