ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

AFPハーフディ体験記(途中だよ)

体験記の前に、その前の振り返り日記は、書いたことすら忘れていたけど(´-ω-`
まあ、外れてはいない。(この後の一週間の方がちょっと大変だった。日記を書いてないからかもしれない、、、)
ということを、告白しておいてからの、AFP体験。

AFPとは、アート・オブ・フェミニン・プレゼンスの略。女性の身体を持って生まれた、女性としての自分らしさを受け入れ、知っていく探究のための簡単なダンスや意識のストレッチ、コーチング、瞑想など様々なエクササイズをやるものらしい。

AFPジャパン公式サイト

あみちゃんに、紹介されたんだけど、サイトをみてもなんかいまいちわからない。いやわかるようでわからないといった方が正しい。
ただ、この手の言葉には非常にひっかかる。
こうでなくてはいけない、というイメージが強要されることも、ハードな修行のようなワークもありません。
自分の身体にくつろぐこと、頑張るのをやめること、などにフォーカスします。
外見上も、その女性らしい魅力が溢れ出し、意識は軸がぶれなくなり、自信が出てきて、人前に立つことも、異性を惹きつけることも、望む仕事や注目を惹きつけること、関係性や性生活の改善、体調やホルモン的なコンディションなど、あらゆる領域においてその人に必要な、驚くべき変化が起きていきます。
「もう頑張って変わろうとしなくていい。」この実感を手にした女性達から世界中に広まりつつあり、日本でも実践者増加中です。

というので、半日体験に行ってみました。

集まった女性は講師のマハンタさんを入れて9名。
導入ワーク:円座で、なぜここに来たのか。何を持ち帰りたいのかをシェアするワーク。安心で親密な器を作り、その中にインしていく。だから大丈夫という気になれる。

私はなんて言ったんだっけ。忘れた。自分の女性性や課題に対してこうだろうなと思うことはある。それを自分で体験して腑に落として持ち帰りたかったのかな。


あれ?次なにやったんだっけ?なんか忘れてしまう。順番通りじゃないかも。


・子宮スペースを感じるワーク:呼吸、体のワーク
⇒い、いまいち子宮スペースがわからないかもヽ(´Д`
子宮スペースは、おへそ下10センチ5センチ奥!あれ?10センチ奥?


・ヘッドバブル・子宮スペースに居て語るワーク:「朝起きてここに来るまでを語る」ペアワーク。私はY子ちゃんとのペア。Y子ちゃんのヘッドバブル状態がものすごくて笑、聴いてる方も疲れるw
⇒ヘッドバブル状態って??つい朝起きてからを時系列に語る。思ったことも入れてみるが、それってこういうことだったんだとつい解説も入れる。いつもの私の思考で語る。これヘッドバブル?Yちゃんのはじけたヘッドバブルとは全く違う。。。

・中性、男性、女性になりきるワーク:
頭の中で中性のカラーをイメージ。私は黄色の球が浮かんだけど、その色もしくは中性のイメージの服を着てその人になりきるというので、タートルネックの白いセーターにして、下はベージュのスリムなパンツ(スパッツ系)裸足かペタンこの靴を履いてる。


・・・時間切れだぁ。明日早起き弁当づくりなので、また後日・・・