読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほほーんと暮らしたい(再)

いつのまにか、言葉が出せなくなっている自分に気づきました。自分の中を整理するために、自分のLead the Selfを保つために、思ったことを自由に書きたいと思います。

できる〜できる〜私ならできる〜♩

ただいま絶賛卒論中の、学生あまちゃんに、ふと思い立って送ったのがこれ。

mobile.suntory.co.jp
「できる〜できる〜君ならできる〜」を連呼されると、なんだかぎゅーっと心に響いちゃって、ウルウル。泣きたくなります。私が「かなちゃん」でなくてもw
きっとそれは、そう思いたい自分なんよね。できると言われたい私。自分からできるよと言われたい私。

だって、できるんだもん。なんちゃない。OK!

こないだ、かなり久しぶりにそんな気持ちが溢れ出てきて、いやびっくり。
昔の、何でもやれそうな自分を思い出した感があった。

これこれ!この感覚!
その時は深夜で、いつもよりも作業がめっちゃあって。
でも楽しくて仕方がない。やれる気しかしない。
時間も経つのが遅い!仕事も進む!
なにこれ?見える空気に、黄色っぽい色がついてる。光ってるのかな?
(夢ではありません)
深夜中こんな感じで、で仕事も終わって幸せな気持ちで休めました。

何だったかは、ま、置いといてね。

こんな気持ちでいれると、「幸せ感満載」「仕事がはかどる」⇦「悩まないから」
「何でもできそうだから、ポジティブに捉えられる」(あ、こんな時間になっちゃった)→(まだこんな時間!やれそう!)

日常的に「自分に自信ない」ってへたれている場合、「じゃあ自信つけよう」→「小さな成功体験を」となりがちで、それはそれで「できた!」になるので、

いいんです。積み上がるし。でもそれができた自分は過去の自分になっちゃうのよね。

今の私が過去のその小さな成長をした私とイコールになるかどうかは、

自分が自分とつながっているかどうかで、変わるんだな。

やったことは成功、でも自分がその成長を認められなければ、

私は自信をつけたことにはならなくて。
めんどくさいけど。だからこの手の経験は、何度も何度も繰り返してやっと、

ああ、自分はできるんだという認識を得るそこまでしないと、

「私」の承認が得られない(私だけなのかな。ああめんどい。いやいるはず!)

なんで、最初の経験ができるのが一番良いわけです。
これが続くと私も周りも幸せ。

じゃあ、これってなんで起こったの?
・・・・わからんのです。
わからんのだけども、一つこれかな?というのはあって。


この日だったのかな。昼からランチビールに酒。(牡蠣小屋にいったの)
その後ワインで結構酔っていたのかな。仕事の不満をガーッと聞いてもらっていたのでした。結構荒い口調になってたと思う。相手は私の仕事の状況をよく知っている人なので、余計にまくし立てたような。「だってさ、だってさ!」って言ってたきがする笑
内容はね、何が言いたかったということより、日頃思っている会社では言えないことね。
それでスッキリした感じはなかったのです。
でも、帰って、なんだかんだしてる時、軽いんです。
何かに乗って、重石になってる黒い雲が吹き飛んでいった感じだったかな。

それしか理由が浮かばない。
でも、理由がそれだとすれば、昼に美味しいお酒とご飯で、グダグダになるくらいまで良い、気の置けない人に愚痴を聞いてもらう。言いたい放題、結構激しくw
というのを繰り返せば、、、もしかして、私って自由になれるんじゃ?
(そもそもは自由です)
自分が置いてる重石を外して、自分がその外に出る練習したら、愚痴言わなくても出てきそうだし。

忘年会が幾つかあるので、それチャレンジしてみよっかなぁ。

その後の体調が強いけども(^^;

 

ま、いっしょに飲む人たちに、断っておかねばですけどね。

チャレンジする価値はあると思うんだな。